ヴィルヘルム・フォン・ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯ヴィルヘルム10世
ヴィルヘルム10世

ヴィルヘルム・フォン・ヘッセン=カッセルWilhelm von Hessen-Kassel, 1787年12月24日 - 1867年9月5日)は、ヘッセン選帝侯家の公子で、デンマークコペンハーゲン都督を務めた。ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯の称号を有し、ヴィルヘルム10世Wilhelm X. von Hessen-Kassel-Rumpenheim)とも呼ばれる。

ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯フリードリヒ(3世)とその妻でナッサウ=ウジンゲン侯カール・ヴィルヘルムの娘カロリーネ・ポリクセネの間の長男として生まれた。1837年に父が死ぬと、ヴィルヘルムはヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯の称号を受け継ぎ、弟たちとの共同財産としてルンペンハイム宮殿(de)とその所領を相続した。

父の遺言に従い、ヴィルヘルムは2年ごとにルンペンハイム方伯家の全成員が集まってスポーツに興じる「ルンペンハイム一族の集いの日」という行事を始めた。この行事は、ドイツ諸侯の分家に過ぎないヘッセン=ルンペンハイム家が19・20世紀を通じてヨーロッパ諸王家との通婚関係によって繁栄する上で、重要な役割を果たした。

ヴィルヘルムは最初、ヘッセン選帝侯領の歩兵隊将軍を務めてヘッセン第2歩兵連隊を指揮したが、後にデンマーク軍で名誉的な将軍の地位を与えられ、コペンハーゲン都督を務めている。

1866年に選帝侯位を追われた従甥のフリードリヒ・ヴィルヘルム1世貴賤結婚により自分の息子たちに後を継がせられないため、分家であるヴィルヘルムの子孫がヘッセン=カッセル家の家督とヘッセン選帝侯位請求者の地位を受け継いだ。

子女[編集]

1810年11月10日、コペンハーゲンのアメーリエンボー宮殿において、デンマーク王子フレゼリクの娘ルイーセ・シャロデと結婚した。妻の兄はデンマーク王クリスチャン8世である。夫妻は間に6人の子女をもうけた。