フリードリヒ・フォン・ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯フリードリヒ3世

フリードリヒ・フォン・ヘッセン=カッセルFriedrich von Hessen-Kassel, 1747年9月11日 カッセル - 1837年5月20日 フランクフルト・アム・マイン)は、ヘッセン=カッセル方伯の公子。ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯の称号を有し、フリードリヒ3世 (Friedrich III. von Hessen-Kassel-Rumpenheim) とも呼ばれる。ヘッセン家 (de) 諸家の中で現在も続く分家、ヘッセン=ルンペンハイム家の始祖である。

フリードリヒはヘッセン=カッセル方伯フリードリヒ2世とその最初の妃でイギリス王ジョージ2世の娘であるメアリーとの間に末息子として生まれた。1749年に父がカトリックに改宗すると、母メアリーは夫と絶縁し、3人の息子たちを連れてヘッセン=カッセル家の領地ハーナウ伯領に移った。その後、メアリーは妹のデンマーク王妃ルイーズの遺児たちを世話するため、息子たちと一緒にコペンハーゲン宮廷で暮らすようになった。フリードリヒはコペンハーゲンとオーフスの王立陸軍士官学校で学び、1769年にデンマーク軍の歩兵隊司令官に任官した。

1781年、フリードリヒは次兄のカールからルンペンハイムの城館と所領を買い取ってここを居所とし、1788年にはルンペンハイム宮殿 (de) を建設し、さらに同宮殿にイギリス式庭園を敷設した。オランダ政府に出仕したフリードリヒは1793年に騎兵隊将軍およびマーストリヒトの知事に就任している。フランス軍が1793年にオランダを侵略してきたとき、フリードリヒはマーストリヒトを3ヵ月のあいだ敵軍に包囲され、結局は1794年に降伏した。フリードリヒはそのまま隠居し、ルンペンハイム宮殿とカッセルで暮らした。

1803年に長兄のヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルムはヘッセン選帝侯に昇格すると、二人の弟たちにヘッセン=カッセル方伯の称号を与えた。1821年に甥の選帝侯ヴィルヘルム2世が即位すると、甥と不仲であったフリードリヒはカッセルを去ってゴータハノーファーで余生を送った。

子女[編集]

1786年12月2日、ナッサウ=ウジンゲン侯カール・ヴィルヘルムの娘カロリーネ・ポリクセネと結婚し、8人の子女をもうけた。

  • ヴィルヘルム(1787年 - 1867年) コペンハーゲン都督
  • カール・フリードリヒ(1789年 - 1802年)
  • フリードリヒ・ヴィルヘルム(1790年 - 1876年) オランダ領ルクセンブルク総督
  • ルートヴィヒ・カール(1791年 - 1800年)
  • ゲオルク・カール(1793年 - 1881年) プロイセンマクデブルク総督
  • ルイーゼ(1794年 - 1881年) 1833年、ゲオルク・フォン・デア・デッケン男爵と結婚
  • マリー(1796年 - 1880年) 1817年、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公ゲオルクと結婚
  • アウグステ(1797年 - 1889年) イギリス王子・ケンブリッジ公アドルファスと結婚

参考文献[編集]

  • Eduard Maria Oettinger: Geschichte des dänischen Hofes S. 85
  • Friedrich. In: Heinrich August Pierer, Julius Löbe (Hrsg.): Universal-Lexikon der Gegenwart und Vergangenheit. 4. Auflage. Bd. 6, Altenburg 1858, S. 722–740.