マリー・フォン・ヘッセン=カッセル (1814-1895)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘッセン=カッセル公女マリー、1870年代

マリー・ルイーゼ・シャルロッテ・フォン・ヘッセン=カッセルMarie Luise Charlotte von Hessen-Kassel, 1814年5月9日 コペンハーゲン - 1895年7月28日 レングリース)は、ドイツの諸侯家門ヘッセン=カッセル家の公女で、アンハルト=デッサウ公子フリードリヒ・アウグストの妻。

ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯ヴィルヘルム(10世)と、その妻でデンマーククリスチャン8世の妹であるルイーセ・シャロデの間の第2子、次女として生まれた[1][2]。妹のルイーゼとその夫のクリスチャン9世王は、デンマークのグリュックスブルク王朝の始祖である。

1832年9月11日、オッフェンバッハ・アム・マインルンペンハイム宮殿において、アンハルト=デッサウ公レオポルト4世(1863年よりアンハルト公)の弟であるフリードリヒ・アウグストと結婚し、間に3人の娘をもうけた。1895年、娘婿のルクセンブルク大公アドルフの持ち城であるレングリース(現在のバイエルン州オーバーバイエルン行政管区バート・テルツ=ヴォルフラーツハウゼン郡)郊外のホーエンブルク城(Schloss Hohenburg)で死去した。

子女[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Darryl Lundy (2003年8月13日). “Marie Luise Charlotte Prinzessin von Hessen-Kassel”. thePeerage.com. 2009年8月12日閲覧。
  2. ^ Paul Theroff. “HESSE”. Paul Theroff's Royal Genealogy Site. 2009年8月12日閲覧。