ローラン・デュマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローラン・デュマ

ローラン・デュマRoland Dumas1922年8月23日 - )は、フランス政治家弁護士フランス社会党に所属し、フランソワ・ミッテラン大統領の下で外務大臣を務めた。オート=ヴィエンヌ県リモージュ出身。

経歴[編集]

パリ政治学院を卒業し弁護士となる。1984年7月19日ローラン・ファビウス内閣で同年12月7日まで欧州問題担当大臣を務めた後、外相に就任する。1986年コアビタシオンによりジャック・シラク内閣が成立すると外相職から離れるが、その後、社会党が第一党となり、1988年5月12日から1993年3月29日までミシェル・ロカールエディット・クレッソンピエール・ベレゴヴォワの各内閣で外相を務めた。 1995年憲法評議会議長に就任。

2000年2月18日憲法評議会議長の職にある際、台湾へのフリゲート艦売却に伴う、フランス国営石油企業エルフ・アキテーヌ社による斡旋収賄事件で仲介役とされた元愛人クリスチーヌ・ドヴィエ=ジョンクールと共に起訴される。その際にエルフ社は、工作資金として6500万フランを元愛人に支払ったとされる。2001年5月30日に1審で懲役6ヶ月(執行猶予2年)、罰金100万フランの有罪判決を受けるものの、2審では証拠不十分で一転無罪となった。また、1審判決後には同事件の主犯が故・フランソワ・ミッテラン大統領であると暴露。エルフ社はミッテラン政権の「打ち出の小槌」とも言え、それまでにも何度も疑惑が取り沙汰されていた。イラク戦争では、イラク緊急委員会 Emergency Committee for Iraqのメンバーとなっている。

先代:
-
欧州問題担当大臣
1983年 - 1984年
次代:
-
先代:
クロード・シェソン
フランス外務大臣
1984年 - 1986年
次代:
ジャン=ベルナール・レイモン
先代:
ジャン=ベルナール・レイモン
フランス外務大臣
1988年 - 1993年
次代:
アラン・ジュペ