ローラン・カンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローラン・カンテ
Laurent Cantet
Laurent Cantet
生年月日 1961年6月15日(53歳)
出生地 フランスの旗 フランス
職業 映画監督

ローラン・カンテLaurent Cantet1961年6月15日 - )は、フランスの映画監督。

4作目の長編監督作『パリ20区、僕たちのクラス』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したことで知られる。

経歴[編集]

1986年高等映画学院を卒業し、テレビでドキュメンタリー制作に携わる。

その後、短編映画をいくつか制作し、1999年に『ヒューマン・リソース』で長編映画デビューをする。この作品でセザール賞の新人監督賞を受賞した。

2001年に第2作『タイム・アウト』を発表。ヴェネツィア国際映画祭で上映され、続く2005年の3作目『南へ向かう女たち』は同映画祭のコンペティション部門へと出品された。

2008年、第4作となる『パリ20区、僕たちのクラス』[1]第61回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品。フランスの中学校の教育現場を擬似ドキュメンタリー風[2]に描き高い評価を得て、フランスの映画としては『悪魔の陽の下に』以来21年ぶりとなるパルム・ドールに輝いた。審査委員長のショーン・ペンによれば「審査員全員一致で決まった」という[3]。また、第81回アカデミー賞外国語映画賞のフランス代表に選ばれ、候補にもなった。

監督作[編集]

(原題 / 英題)

脚注[編集]

  1. ^ 原題のEntre les mursを直訳すると「壁の間で」、英題はThe Class
  2. ^ 原作は作者の半自伝的小説で、作者自身を教師役に起用、また中学生役には演技経験のない地元の中学生をオーディションで選んだ。
  3. ^ http://cinema-magazine.com/program/blog/kanrininblog.php?blogid=1426

外部リンク[編集]