ローマンタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lo Manthang
LoManthang.JPG
座標 : 北緯29度10分59秒 東経83度57分22秒 / 北緯29.18306度 東経83.95611度 / 29.18306; 83.95611
人口
人口 (1991年現在)
  市域 876人
その他
等時帯 Nepal TimeUTC+5:45
LoManthang 1.JPG

ローマンタン(Lo Manthang)は、ネパール領内の自治邦である以前のムスタン王国の首都。2008年10月7日からはネパール連邦民主共和国ダウラギリ県ムスタン郡の町。

標高3,760mの城郭都市で、周囲1km、高さ11m~15mの塀で囲まれている。チベット語で、「薬草の豊かな町」という意。人口は876人、住宅数は178(1999年)。

1350年、ムスタン王国の初代国王アメパルによってつられた。チベット岩塩インドへ運ぶの「塩の道」の中継地点として栄える。城壁内部は、ゾンと呼ばれ、藩王の王宮のほか、チベット仏教寺院およびゴンパ(僧院)があり宗教的な意味合いもある。さらに城壁を取り囲むようにチベットから難民などの層が住む。ローマンタンを含むアッパームスタンは、ロ王国として2008年まではネパールの高度な自治地域で、国王は普段はカトマンズに住み、祭などの時にローマンタンに来ていた。

1991年秋にアッパームスタンが開放されたが、入域が制限されるほか、外国人が入域するには、ムスタンの文化の保護の為、10日あたり$700をネパール政府に支払わなければならない。