ロレーヌワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロレーヌワイン英語:Lorraine wine)は、フランス北東部、ドイツおよびルクセンブルクと国境を接するロレーヌ地方で生産されるワインである。

AOCワイン[編集]

1998年3月31日に、Côtes de ToulがAOC(原産地名統制ワイン)に指定された。ムルト=エ=モゼル県の県庁所在地ナンシーの西方、トゥールの近くの8つの村にある110haの畑から、年間4500hℓ(フルボトルで60萬本)のワインが生産されている。

その大部分は、ヴァン・グリ(vin gris, 灰色のワイン)と呼ばれるもので、黒ぶどう(赤ぶどう)から造られる白ワインである。ピノ・ノワール85%以上、残りはガメ種のぶどうで醸造される。

そのほかに、オーゼロワ、オーバン・ブラン種による白ワインや、ピノ・ノワール種による赤ワインも作られている。

その他[編集]

VDQSワインのモーゼルや、ヴァン・ド・ペイが生産されている。

流通[編集]

ぶどう栽培の北限であり、ワインは非常に軽く、AOCのワインでもそれほど市場性のあるものではないため、輸出はもとより、フランスでも地元以外ではほとんど流通していない。