ロバート・メイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メイ男爵ロバート・マクレディ・メイRobert McCredie May, Baron May of Oxford, 1936年1月8日 - )はオーストラリア生まれのイギリス生物学者。イギリス政府の首席科学顧問、ロンドン王立協会の会長、シドニー大学プリンストン大学オックスフォード大学インペリアル・カレッジ・ロンドンの教授。イギリス貴族院の無所属議員。科学の発展のためのイギリス学術協会の会長などを務めた。

経歴[編集]

メイはオーストラリアで生まれ、シドニーボーイズ高校、シドニー大学で教育を受けた。化学工学理論物理学を専攻して1956年に学士、1959年に理論物理学で博士を取得した。 経歴の初期でメイは動物の個体群動態や、自然個体群の複雑さと安定性に関心を持った。彼は大学で学んだ数学的な知識を応用し、集団生物学を大きく発展させることができた。彼の研究は1970年代、1980年代を通して理論生態学の発展に重要な役割を果たした。彼はまたこの研究を感染症の研究や生物多様性の研究に応用した。

メイは1959年から1961年までハーバード大学応用数学の助教授であった。1962年にシドニー大学に戻り、理論物理学の助教授、准教授、教授と昇進した(1972)。その後プリンストン大学で動物学教授、インペリアルカレッジ・ロンドン、オックスフォード大学で教授を務めた。1995年から2000年まで科学技術局長官、2000から2005年までロンドン王立協会の会長を務めた。また大英自然史博物館キューガーデン、イギリス世界自然保護基金の理事や評議委員を務め、イギリス生態学会の会長でもある。

メイは1996年に、イグ・ノーベル賞がイギリスの市民に誤ったイメージを与え価値ある研究への関心を失わせるかも知れないと考え、イギリスの科学者にイグ・ノーベル賞を与えないよう要請した(これはイグ・ノーベル賞に向けられる一般的な批判でもある)。1996年にナイトに叙され、1998年にオーストラリア勲章の受章者となった。2001年に一代貴族に叙された。当初男爵位のタイトルをウラーラとすることを望んだが、オーストラリア首相府との交渉に失敗し、結局オックスフォードシャー・オックスフォードのメイ男爵となった。2002年にメリット勲章を受章した。

1979年にロンドン王立協会会員、1991年にオーストラリア科学アカデミーの海外会員、1992年にアメリカ国立科学アカデミーの外国人会員などに選ばれている。1984年にロバート・H・マッカーサー賞、1991年にロンドンリンネ学会メダル、1995年にロンドン動物学会からフリンク・メダル、1996年にクラフォード賞、2001年にブループラネット賞、2007年にロンドン王立協会からコプリ・メダルなどを受賞した。

著作[編集]

書籍[編集]

  • Nowak, M.A. R.M. May. 2000. Virus Dynamics: the Mathematical Foundations of Immunology and Virology. Oxford University Press. ISBN 0-19-850418-7
  • Magurran, A.E. and R.M. May (eds.). 1999. Evolution of Biological Diversity. Oxford University Press. ISBN 0-19-850304-0
  • Lawton, J.H. and R.M. May (eds.). 1995. Extinction Rates. Oxford University Press. ISBN 0-19-854829-X
  • Edwards, P.J., R.M. May, N.R. Webb (eds.). 1994. Large Scale Ecology and Conservation Biology. Blackwell Scientific Publishers. ISBN 0-86542-801-8
  • Anderson, R.M. and R.M. May. 1991. Infectious Diseases of Humans: Transmission and Control. Oxford University Press.ISBN 0-19-854040-X
  • Hassell, M.P. and R.M. May (eds.). 1990. Population Regulation and Dynamics. Cambridge University Press.
  • Roughgarden, J., R.M. May and S.A. Levin. 1989. Perspectives in Ecological Theory. Princeton University Press. ISBN 0-691-08508-0
  • May, R.M. (ed.). 1984. Exploitation of Marine communities : report of the Dahlem Workshop on Exploitation of Marine Communities, Berlin, April 1-6, 1984. Springer-Verlag. ISBN 3-540-15028-5
  • Anderson, R.M. and R.M. May. (eds.). 1982. Population Biology of Infectious Diseases. Springer-Verlag ISBN 0-387-11650-8
  • May, R.M. (ed.). 1976 (and 1981). Theoretical Ecology: Principles and Applications. Blackwell Scientific Publishers. ISBN 0-632-00768-0
  • May, R.M. 1973. Stability and Complexity in Model Ecosystems. Princeton University Press. ISBN 0-691-08125-5. (re-issued with a retrospective introduction in the Princeton Landmarks in Biology series, 2000)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
アーロン・クルーグ
王立協会会長
2000 - 2005年
次代:
マーティン・リース