ロバート・ダグラス・スチュアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・ダグラス・スチュアート(Robert Douglas Stuart, 1886年 - 1975年)は、アメリカ合衆国実業家外交官。1953年から1956年まで駐カナダ大使を務めた。

生い立ち[編集]

1886年にイリノイ州シカゴで誕生。父親はロバート・スチュアート英語版、母親はマーガレットであった。

クエーカー・オーツ・カンパニーと家族[編集]

1899年、父ロバートは事業仲間のヘンリー・パーソンズ・クロウウェル英語版とともに穀類加工会社アメリカン・シリアル・カンパニーにプロキシーファイトを仕掛け、麦片王フェルディナント・シューマッハー英語版から経営権を獲得した。同社は1901年に、クロウウェルが経営する製粉会社クエーカー・ミル・カンパニー英語版などと合併し、クエーカー・オーツ・カンパニーとなった。父ロバートは同社の共同創立者となった。

父ロバートは1901年から1921年までクエーカー・オーツ・カンパニー社の施設面について運営管理を担った。販売面での運営管理はクロウウェルが担当した。ダグラスの長兄ジョン・スチュアート英語版は父ロバートの後継者として育てられ、ダグラスはクロウウェルの下で指導を受けた。1922年、父ロバートとクロウウェルは引退し、ダグラスは兄ジョンとともにクエーカー・オーツ・カンパニー社の経営を引き継いだ。

政治活動[編集]

スチュアートは共和党に所属し、政治活動に積極的に参加した。1952年共和党全国大会に代議員として出席。1953年にアイゼンハワー大統領の指名を受けて駐カナダ大使に就任。7月15日にカナダ総督ヴィンセント・マッシーに対して信任状を奉呈した。スチュアートは1956年5月4日までオタワに駐在した。

1975年1月5日にイリノイ州レイクフォレストの自宅にて死去。

出典[編集]

外交職
先代:
スタンリー・ウッドワード
在カナダアメリカ合衆国大使
1953年7月15日 - 1956年5月4日
次代:
リヴィングストン・トールマッジ・マーチャント