ロジェ・リヴィエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
フランスの旗 フランス
男子 自転車競技
Arc en ciel.png
世界選手権自転車競技大会
1957 リエージュ プロ個人追抜
1958 パリ プロ個人追抜
1959 アムステルダム プロ個人追抜

ロジェ・リヴィエール(Roger Rivière、1936年2月23日-1976年4月1日)は、フランスサン=テティエンヌ出身の元自転車競技選手。

経歴[編集]

華々しい活躍[編集]

アマチュア時代、1956年のツール・ド・ヨーロッパで総合優勝を果たし、翌1957年ラファエル・ジェミニアーニプレーイングマネージャーを務める、サン・ラファエルチームと契約してプロ転向。その年、フランス国内選手権・個人追い抜きにおいて、永遠のライバルとなるはずだったジャック・アンクティルを破って優勝。さらに同年の世界自転車選手権・個人追い抜きも制覇し、加えてミラノアワーレコードも樹立(46.923km)するという、華々しい活躍ぶりを見せる。

1958年も世界選手権・個人追い抜きを制覇。1959年にはロードレースでも活躍を見せ、ブエルタ・ア・エスパーニャドーフィネ・リベレにおいて区間優勝を果たした他、ツール・ド・フランスでも総合4位に入る。そして、世界選手権の個人追い抜きでは3連覇を達成。さらに再び9月23日、ミラノでアワーレコードを樹立(47.347km)。またこのアワーレコードは1967年10月30日フェルディナント・ブラックが48.093kmを樹立するまでの間保持された。

この年のツールでは、アンクティルといさかいがあったようである[1]が、当時まだ23歳という若さのリヴィエールが、アンクティルを凌ぐ可能性はこの時点では十分にあった。翌1960年ツールでは、同年のジロ・デ・イタリアを制したアンクティルが不参加。一方、リヴィエールは前年に引き続きフランスナショナルチームの一員として参加。そして、一時はマイヨ・ジョーヌ争いにも加わったが、後に悲劇に見舞われることになる。

ツール・ド・フランス1960[編集]

この年のツールにおいて、リヴィエールは第2、第6ステージを既に制し、ピレネー越えの最初のステージとなる第10ステージにおいて、この大会の総合優勝を果たすことになるガストネ・ネンチーニを下し、このステージでマイヨ・ジョーヌを奪取したネンチーニに対して、わずか32秒差の総合2位へとつけた。続く第11ステージでは、ネンチーニに1分6秒の差をつけられたが、それでも総合時間差は1分38秒。まだまだマイヨ奪取の可能性は十分あった。ところが・・・

ピレネー越えステージを終え、中央高地が舞台の第14ステージにおいて、エグア山を下る途中に崖から10m以上も転落。何とか一命こそ取り留めたものの、リヴィエールの短いプロ選手生活は、ここで事実上幕を閉じた。

転落の原因[編集]

当初リヴィエールが転落した原因は、リムの部分に油を注ぎすぎたことにあるとみられていたが、後日、リヴィエールが薬物を常用していた疑いが某新聞にて報じられ、これを受けてリヴィエールは、1958年以降、アンフェタミンなどの薬物を常用していた事実を認めた。ひいてはこのことが遠因になったと見られている。リヴィエールが引退を余儀なくされた翌1961年、アンクティルが入れ替わるようにして、ジェミニアーニが監督を務めるサン・ラファエルチームに移籍した。

そして1976年4月1日喉頭がんのため、40歳の若さでこの世を去った。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジャック・アンクティル#ツール・ド・フランス5勝の軌跡の項目参照

外部リンク[編集]