レプチャ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レプチャ語
話される国 インドの旗 インド
ネパールの旗 ネパール
ブータンの旗 ブータン
地域 シッキム
話者数 50.000人
言語系統
表記体系 レプチャ文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 lep
消滅危険度評価
危険 (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

レプチャ語(レプチャご)またはロン語(ロンご)は、インド中国に挟まれたシッキム(現在はインドの州)で話されている言語である。言語学的にはシナ・チベット語族チベット・ビルマ語派ヒマラヤ語群英語版に属する。表記にはチベット文字を元に18世紀初頭に作られたレプチャ文字を用いる。

日本語の起源はレプチャ語であるとする安田徳太郎の『万葉集の謎』がベストセラーになり一時話題になったことがあるが、実際は稚拙な語呂合わせに過ぎなかったと言われている。

ブータンの言語分布

脚注[編集]