ルービックスネーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「ヘビ」状態のルービックスネーク
「ボール」状態のルービックスネーク

ルービックスネークRubik's Snake)は、玩具である。

概要[編集]

24個のウェッジ(直角二等辺三角の形をしたピース)を繋げた立体パズルである。

捻回によって、直線、ボール(斜方立方八面体小斜方六面体に似た形状)、カプセル(ボールの下部を四脚状にした形状)、犬、長方形、ヘビのような形にすることができる。また、複数のルービックスネークを組み合わせることもできる。

日本ではマジックスネークの名称で、ツクダオリジナルが1981年に発売した。

俗称に「スネークキューブ」がある。発売当時、類似商品がこの名称で販売されていた。類似商品が多く、カプセルトイで購入するタイプもあった。中には、1つのカプセルに1個のウェッジと1個の接続部品がセットで入っておりこれを24セット集め自分で接続して完成させるタイプもあった。

スネークキューブ」というタイの木製玩具が別に存在する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]