ルーアン美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ルーアン美術館
Musée des beaux-arts.JPG
施設情報
正式名称 Musée des Beaux-Arts de Rouen
来館者数 298 000 (2010)[1]
開館 1801年
所在地
Esplanade Marcel-Duchamp 76000 Rouen
位置 北緯49度26分41秒 東経1度05分41秒 / 北緯49.44472度 東経1.09472度 / 49.44472; 1.09472
ウェブサイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ルーアン美術館(Musée des Beaux-Arts de Rouen)は、フランスルーアンにある美術館である。フランス国内第2位の印象派コレクションを誇る。

沿革[編集]

フランス国家が各地に作った公立美術館のひとつで、1801年に開館。60の部屋に絵画彫刻デッサン、装飾美術品等多くの作品が展示されている。

コレクション[編集]

イタリアフランドルスペイン、フランスの絵画などヨーロッパ絵画の中にはヘラルト・ダヴィトの『処女の中にいるマリア』、ピエトロ・ペルジーノの『キリストの復活』、フランソワ・クルーエの『ディアナの入浴』、カラヴァッジオの『キリストの鞭打ち』、ピエール・プジェ英語版の彫刻『ヒドラを退治するヘラクレス』、ディエゴ・ベラスケスの『デモクリトスの肖像』等がある。デッサンのコレクションは3000点ほどが所蔵されている。18世紀の部屋を再現した部分もあり、当時の家具が配置されている。他にはピーテル・パウル・ルーベンスの『東方三博士の礼拝』、ジャン・オノレ・フラゴナールの『洗濯女たち』、ユベール・ロベール英語版の『ロッシューギヨン城の眺め』、ドミニク・アングルの『エモン夫人の肖像』等も展示されている。また、ルーアン生まれのテオドール・ジェリコーの作品を集めた部屋もある。その他、印象派のコレクターであったフランソワ・ドポーのコレクションもあり、その中にはアルフレッド・シスレーピエール=オーギュスト・ルノワールカミーユ・ピサロシャルル・フレションクロード・モネの作品等がある。

また、アメデオ・モディリアーニによる肖像画やデッサン、彫刻家レイモン・デュシャン=ヴィヨンの作品、マルセル・デュシャンのオブジェ等もある。彫刻の庭にはラウル・デュフィの作品などが飾られている。

日本にて[編集]

2005年に「フランス絵画黄金の19世紀 ルーアン美術館展」が開催された。

参照[編集]

外部リンク[編集]