ルドルフ・トビアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルドルフ・トビアス

ルドルフ・トビアスRudolf Tobias, 1873年5月29日 キャイナ1918年10月29日 ベルリン)はエストニアの最初の職業作曲家で職業オルガニストペテルブルク音楽院で作曲をニコライ・リムスキー=コルサコフに師事。1904年タルトゥに、1910年にベルリンに赴き、その地で肺炎により客死した。ピアノ曲弦楽四重奏曲のほか、オラトリオ《ヨナの使命》(1908年脱稿、1909年改訂・初演)がある。

外部リンク[編集]