ルカ・ジンガレッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルカ・ジンガレッティ
Luca Zingaretti
Luca Zingaretti
2010年撮影
生年月日 1961年11月11日(53歳)
出生地 イタリアの旗 イタリアローマ
職業 俳優・声優
ジャンル テレビ・映画・舞台
活動期間 1987年 -
配偶者 マルゲリータ・ダミーコイタリア語版(1997年 - ? )※離婚
ルイーザ・ラニエリイタリア語版(2012年 - )
著名な家族 ニコラ・ジンガレッティイタリア語版(弟)

ルカ・ジンガレッティLuca Zingaretti1961年11月11日 - )は、イタリア俳優声優。本国イタリアでは、作家アンドレア・カミッレーリの推理小説「モンタルバーノ警部シリーズ」を原作とし、1999年から放送されている人気テレビシリーズ『モンタルバーノ 〜シチリアの人情刑事〜イタリア語版』の主演俳優として知られる[1]

略歴[編集]

大学で心理学を学んでいたが、その道を諦め、1982年にシルヴィオ・ダミーコ国立演劇芸術アカデミーイタリア語版に入学して演技を学ぶ[2][1]。卒業後は舞台俳優としてキャリアを積み、1987年に映画『Gli occhiali d'oro』でスクリーンデビューする。

2003年のアニメーション映画『ファインディング・ニモ』のイタリア語吹替版で主人公マーリンの声を担当し、第59回ナストロ・ダルジェント賞イタリア語版の吹替賞を受賞[3]

2010年の映画『我らの生活』と『Il figlio più piccolo』の演技により、第65回ナストロ・ダルジェント賞イタリア語版助演男優賞イタリア語版を受賞(『あしたのパスタはアルデンテ』のエンニオ・ファンタスティキーニと同時受賞)。

私生活[編集]

政治家ニコラ・ジンガレッティイタリア語版は弟[1]

最初の妻は、脚本家スーゾ・チェッキ・ダミーコの孫で、作家でジャーナリストのマルゲリータ・ダミーコイタリア語版である。マルゲリータとは2004年に別居し[1]、その後離婚している。

2番目の妻で女優のルイーザ・ラニエリイタリア語版とは2005年のテレビ・ミニシリーズ『対独パルチザン戦線1943 -ナチス包囲の島-イタリア語版』での共演がきっかけで出会い、2012年に正式に結婚した。2人の間には2011年に娘エマが生まれている[4]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1994 生贄
Il branco
オットリーノ
1997 新・対決/恐怖の追憶
La piovra 8 - Lo scandalo
ピエトロ・ファヴィニャーナ テレビ・ミニシリーズ
1998 笑う男
Tu ridi
ジーノ・ミリョーリ 第54回ナストロ・ダルジェント賞イタリア語版助演男優賞イタリア語版ノミネート
1999 L'anniversario ミケーレ 第55回ナストロ・ダルジェント賞イタリア語版主演男優賞イタリア語版ノミネート
1999-継続中 モンタルバーノ 〜シチリアの人情刑事〜
Il commissario Montalbano
サルヴォ・モンタルバーノ テレビシリーズ
2002 戦火の奇跡 〜ユダヤを救った男〜
Perlasca - Un eroe italiano
ジョルジオ・ペルラスカ テレビ・ミニシリーズ
2003 ファインディング・ニモ
Finding Nemo (2003)
マーリン
イタリア語吹替版で声の出演
第59回ナストロ・ダルジェント賞イタリア語版吹替賞受賞
2005 Alla luce del sole ジュゼッペ(ピーノ)・プグリージ神父イタリア語版 第50回ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞イタリア語版主演男優賞イタリア語版ノミネート
第61回ナストロ・ダルジェント賞イタリア語版主演男優賞ノミネート(『哀しみの日々』での演技と合わせて)
対独パルチザン戦線1943 -ナチス包囲の島-
Cefalonia
サヴェリオ・ブラスコ テレビ・ミニシリーズ
哀しみの日々
I giorni dell'abbandono
マリオ イタリア映画祭2006で上映[5]
第61回ナストロ・ダルジェント賞主演男優賞ノミネート(『Alla luce del sole』での演技と合わせて)
2006 愛と欲望 ミラノの霧の中で
A casa nostra
ウーゴ イタリア映画祭2007で『私たちの家で』のタイトルで上映[6]
2007年の東京国際女性映画祭で上映[7]
2007 マイ・ブラザー
Mio fratello è figlio unico
マリオ・ナストリ
2008 狂った血の女
Sanguepazzo
オズワルド・ヴァレンティイタリア語版 WOWOWでの放送時のタイトルは『女優ルイザ 快楽の女
2010 Il figlio più piccolo ボリーノ 第65回ナストロ・ダルジェント賞イタリア語版助演男優賞受賞(『あしたのパスタはアルデンテ』のエンニオ・ファンタスティキーニとの同時受賞)
我らの生活
La nostra vita
アリ
イタリア映画祭2011で『ぼくたちの生活』のタイトルで上映[8]
われわれは信じていた
Noi credevamo
フランチェスコ・クリスピ イタリア映画祭2011で上映[8]
2011 バッグにはクリプトナイト
La kryptonite nella borsa
アントニオ・サンソーネ イタリア映画祭2012で上映[9]
2012 フォンターナ広場 イタリアの陰謀
Romanzo di una strage
裁判所の医師 イタリア映画祭2013で上映[10]
アステリックスの冒険〜秘薬を守る戦い
Astérix et Obélix : Au service de Sa Majesté
将軍
司令官とコウノトリ
Il comandante e la cicogna
マラッファーノ弁護士 イタリア映画祭2013で上映[10]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Biografia di Luca Zingaretti” (イタリア語). Biografieonline.it. 2013年5月31日閲覧。
  2. ^ Luca Zingaretti” (イタリア語). MYmovies. 2013年6月8日閲覧。
  3. ^ Luca Zingaretti - Awards” (英語). IMDb. 2013年5月30日閲覧。
  4. ^ Luca Zingaretti - Biography” (英語). IMDb. 2013年5月30日閲覧。
  5. ^ 作品紹介”. イタリア映画祭2006 公式ホームページ. 朝日新聞. 2013年6月8日閲覧。
  6. ^ 作品紹介”. イタリア映画祭2007 公式ホームページ. 朝日新聞. 2013年6月8日閲覧。
  7. ^ 愛と欲望 ミラノの霧の中で”. 朝日イベント・プラス. 朝日新聞. 2013年6月8日閲覧。
  8. ^ a b 作品紹介”. イタリア映画祭2011 公式ホームページ. 朝日新聞. 2013年6月8日閲覧。
  9. ^ 作品紹介”. イタリア映画祭2012 公式ホームページ. 朝日新聞. 2013年6月8日閲覧。
  10. ^ a b 作品紹介”. イタリア映画祭2013 公式ホームページ. 朝日新聞. 2013年6月8日閲覧。

外部リンク[編集]