アンドレア・カミッレーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレア・カミッレーリ
(Andrea Camilleri)
Andrea Camilleri 2010 by Marco Tambara.jpg
アンドレア・カミッレーリ(2010年)
誕生 1925年9月6日(89歳)
イタリアの旗 イタリア シチリア島
職業 小説家脚本家演出家
言語 イタリア語
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 インターナショナル・ダガー賞(2012)
公式サイト http://www.andreacamilleri.net/
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アンドレア・カミッレーリ(Andrea Calogero Camilleri、1925年9月6日 - )は、イタリアシチリア島ポルト・エンペードクレ生まれの小説家、脚本家、演出家。

略歴[編集]

1925年、シチリア島アグリジェント県のポルト・エンペードクレに生まれる。若い頃から舞台に興味をもち、1942年から同郷のノーベル賞作家ルイジ・ピランデッロの作品の舞台演出などを手がけていた。1945年に最初の短編と詩の作品を発表。1948年から1950年までローマシルヴィオ・ダミーコ国立演劇芸術アカデミーイタリア語版で演出を学ぶ。

1954年、イタリアの国営放送局であるイタリア放送協会(RAI)の採用試験に合格するも、共産党員という理由で不採用となった。数年後、RAIに正式に採用され、テレビドラマ版のメグレ警視シリーズなどを手がけた。1977年、自身も学んだシルヴィオ・ダミーコ国立演劇芸術アカデミーの教壇にたち、20年にわたり学生の指導にあたった。1980年、シチリアの架空の街「ヴィガータ」を舞台にした小説"Un filo di fumo"を発表。後の彼の代表作となるモンタルバーノ警部シリーズもこの架空の街を舞台としている。

1994年、モンタルバーノ警部シリーズの第1作となる"La forma dell'acqua"を発表。これは、シチリアの架空の街ヴィガータの警察署を舞台にした推理小説で大成功を収めた。以降、2008年までに18作品が発表された。同シリーズはルカ・ジンガレッティを主役に起用してRAIでドラマ化され、カミッレーリ自身も脚本家として制作に携わっている。

2003年、カミッレーリの偉業をたたえ、生まれ故郷のポルト・エンベードクレ市は、市の名前にヴィガータを付記することを決めた。

日本語訳作品[編集]

  • モンタルバーノ警部 悲しきバイオリン (訳:千種堅角川春樹事務所 ハルキ文庫、1999年12月) - シリーズ第4作
  • おやつ泥棒 モンタルバーノ警部 (訳:千種堅、角川春樹事務所 ハルキ文庫、2000年7月) - シリーズ第2作

関連項目[編集]