ルイーセ・シャロデ・ア・ダンマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯夫人ルイーセ・シャロデ

ルイーセ・シャロデ・ア・ダンマークLouise Charlotte af Danmark, 1789年10月30日 - 1864年3月28日)は、デンマーク=ノルウェーフレゼリク5世の三男フレゼリクと、その妻のメクレンブルク=シュヴェリーン公女ゾフィー・フリーデリケの間の三女。デンマーク王クリスチャン8世の妹。

1810年11月10日、コペンハーゲンアマリエンボー宮殿において、ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯ヴィルヘルムと結婚した。1851年7月18日、娘婿のグリュックスブルク公子クリスチャン(クリスチャン9世)のために、自身および息子のデンマーク王位請求権を放棄した。1864年、クリスチャンスボー宮殿で死去した。

夫ヴィルヘルムとの間に6人の子女をもうけた。