ルイス・アントニオ・デ・ボルボーン・イ・ファルネシオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイス王子
ルイス王子、フランシスコ・デ・ゴヤ画、1783年

ルイス・アントニオ・デ・ボルボーン・イ・ファルネシオスペイン語Luis Antonio Jaime de Borbón y Farnesio, de Baviera y d'Este, 1727年7月27日 - 1785年8月7日)は、スペインの王族。トレド大司教及び第13代チンチョン伯。

スペイン王フェリペ5世と王妃イサベル・デ・ファルネシオの三男としてマドリードで誕生した。幼い頃から聖職者として養育され、8歳で金羊毛騎士団員、トレド大司教、ローマのサンタ・マリア・デッラ・スカラ教会の枢機卿となった(1754年に職位を返上している)。枢機卿となった世界最年少年齢として、「ギネスブック」に記載されている。

1759年、異母兄フェルナンド6世が嫡子のないまま死ぬと、ルイスは還俗して王位に就くことを夢見た。彼は、同母兄カルロが当時ナポリシチリアの王位に、フィリッポパルマ公位に就いていたことから、スペインにいる王位継承者は自分だけだと主張したのである。このため、カルロス3世として即位した兄に疎まれた。カルロスは空位となったナポリとシチリアの王位を、自分の次男フェルナンドへ与えた。ルイスは兄によってマドリードの宮廷から遠く離され、国内で流刑同然の状態に置かれた。

1776年頃、アラゴン貴族の女性マリア・テレサ・デ・バリャブリガと貴賤結婚し、3子をもうけた(他に1子を死産)。

  • ルイス・マリア(1777年 - 1823年)
  • マリア・テレサ(1779/1780年 - 1828年)
  • マリア・ルイサ(1780年 - 1846年)
アルカラ・デ・エナーレスの大司教館、トレドの枢機卿にしてスペインの王子ルイスの紋章

ルイスは芸術と文化の愛好者であり、ルイジ・ボッケリーニフランシスコ・デ・ゴヤの庇護者であった。