リヒャルト・デーメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デーメル、1905年

リヒャルト・フェードル・レオポルト・デーメル(Richard Fedor Leopold Dehmel、1863年11月18日 - 1920年2月8日)は、ドイツの詩人。

プロイセンブランデンブルク州ダーメ=シュプレーヴァルト郡の小村に山林監視人を父として生まれる。教師と対立してギムナジウムを放校されたのち、ベルリンライプツィヒの大学で自然科学、経済学、文学などを学ぶ。その後火災保険の職に就き、仕事の傍らで1891年に処女詩集『救済』を刊行、これをきっかけにリーリエンクローンとの交際が始まる。1895年より文筆専業となり、1896年に代表的な詩集『女と世界』を刊行。1901年よりハンブルク郊外のブランケネーゼに永住した。1914年から16年まで自ら志願して第一次世界大戦に従軍している。終戦後の1920年に戦争時の傷の後遺症が元で死去。

その詩は自然主義的・社会的な傾向を持ちつつ、精神的・形而上学的なエロスによる救済願望に特徴付けられている。童話、劇作などもあり、晩年は第一次世界大戦の従軍記録も残した。

彼の詩には、リヒャルト・シュトラウスマックス・レーガーアレクサンドル・ツェムリンスキーアルノルト・シェーンベルクアントン・ヴェーベルンクルト・ヴァイルなど多くの作曲家が曲を付けた。また、彼の詩を元にしたシェーンベルクの弦楽六重奏曲浄められた夜』は特に有名。

参考文献[編集]

  • 生野幸吉、檜山哲彦 『ドイツ名詩選』 岩波文庫、1993年

外部リンク[編集]