リズ・マクラーノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リズ・マクラーノン

リズ・マクラーノン(Elizabeth Margaret "Liz" McClarnon,1981年4月10日-)はイギリス人歌手。女性3人組みグループ、アトミック・キトゥンのメンバー。リバプール出身。


来歴[編集]

私生活[編集]

2001年まで長年付き合っていた男性と離婚。2007年3月にスウォンジ・シティAFC所属(当時)のサッカー選手、リー・トランドルと再婚した。

歌うことが幼い頃から大好きであったが、彼女自身、歌手になるとは一切思わなかった。高校卒業後、法律の勉強をしたかったが、音楽の先生がマクラーノンの歌声に感銘を受け、オーケストラル・マヌヴァーズ・イン・ザ・ダークのメンバー、アンディ・マクラスキーがしていたオーディションを受けるように薦めた。またマクラスキー自身も女性グループをつくろうとしていた。

アトミック・キトゥン[編集]

1997年にマクラスキーのもと、マクラーノンを含む3人でアトミック・キトゥンを結成。結成当初のメンバーであるマクラーノン以外の2人は脱退した。(ハイディ・レンジは1998年に脱退。ナターシャ・ハミルトンが加入。ケリー・カトーナが2001年に脱退。ジェニー・フロストが加入。)またマクラーノンは作詞をすることでも有名である。アトミック・キトゥンは現在に至るまで約800万枚を売り上げたとされている。彼女達がリリースするシングルはほとんどチャートで世界中でトップ40にランクインする。

ソロ活動[編集]

アトミック・キトゥンの活動を休止している間、マクラーノンはソロ活動を始める。(EMIとレーベル契約を結ぶ。)2006年2月13日にバーブラ・ストライサンドの代表曲、"Woman In Love"をカバーしてリリース。この曲はビー・ジーズのメンバー、ロビン・ギブによって歌詞がすこし変更されている。またミュージック・ビデオは彼女が住むマンハッタンをモチーフとしている。しかし実際は彼女の故郷であるリバプールで撮影された。UKチャートで最高5位を記録。世界トップ100チャートでは33位をマークした。発売してから半年以上経った2006年10月22日にはスペインで16位を記録した。