ラテコエール28

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Latécoère 28.svg

ラテコエール28(Latécoère 28)は、1930年代のフランスの長距離郵便機旅客機である。エールフランスの前身の会社の1つ Aéropostaleで大陸間の郵便機として使われ、大戦間のフランスの植民地政策を補完した。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリジャン・メルモーズらの乗った飛行機として知られる。

ラテコエール28はラテコエール26の発展型で、単発の支柱で支持された単葉機で、エンジンは初めルノー 12Jbrが搭載された。固定脚で閉鎖式のコクピットに2名の乗員が搭乗し、8人の乗客のためのキャビンが取り付けられた。

1927年から1932年の間にいくつかの型式の50機が製作された。1930年5月12日、ラテコエール28-3はメルモーズによってセネガルサンルイからブラジルナタールまで南大西洋横を横断する21時間の郵便飛行に成功した。

ルノーエンジンはすぐに500馬力のイスパノ・スイザのエンジンに換装され、水上機型は650馬力のイスパノスイザのエンジンが搭載された。

カサブランカからダカールへの郵便飛行、パリマドリード間の飛行、南アメリカへの郵便飛行に用いられた。南アメリカへの郵便飛行はそれまで汽船で数週間から1月かけて運ばれた郵便物を4日で送ることを可能にした。

軍用機として使われたことは少ないが、ベネズエラ軍が爆撃機として3機を購入し、スペイン内戦で数機がフランス政府から人民戦線側に供与された。

スペック (Latécoère 28.0)[編集]

  • 乗員: 2名
  • 乗客: 8名
  • 全長: 13.64 m
  • 全幅: 19.25 m
  • 全高: 3.58 m
  • 全備重量: 3,856 kg
  • エンジン: ルノー 12Jb, 373 kW (500 hp) × 1
  • 最大速度: 223 km/h
  • 航続距離: 4,685 km