ラッセル・スクウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラッセル・スクウェア

ラッセル・スクウェア (Russell Square)はイギリスロンドン市中心部、カムデンブルームズベリーにあるロンドンで二番目に大きなスクウェア(正方形の広場)[1]。広場周辺の地区もラッセル・スクウェアと呼ばれることもある。周囲にはロンドン大学関連の施設が多く、夏には学生で賑わう。ロンドン地下鉄の最寄り駅はラッセル・スクウェア駅


概要[編集]

1800年に法律によって建設が決まり、1801年から1805年までの建設期間を経て、ラッセル・スクウェアは完成した。「ラッセル・スクウェア」という名称は土地を提供したベッドフォード公爵家の姓に由来する。ラッセル・スクウェアは1800年以前は、近隣のサウサンプトン・ローにちなんで「サウサンプトン・フィールド」や「ロング・フィールズ」と呼ばれていた。ラッセル・スクウェアは第二次世界大戦時に大きく破壊されたが、戦後再開発された。2005年7月7日に発生したロンドン同時爆破事件は広場近くで起こったため、慰霊碑が広場内に設置された。

近隣で活躍した著名人[編集]

TSEliotFaberHouse.jpg
  • T・S・エリオットが働いていた出版社Faber and Faberの建物 (フェイバー・ビルディング)が広場沿いにあり、記念のプレートが埋め込まれている。
  • YMCAの創設者George Williamsが暮らした建物があり、記念プレートが埋め込まれている。

近隣[編集]

ギャラリ-[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Harris, Cyril M (2001). What's in a name?. Middlesex, UK: Capital Transport Publishing. ISBN 1-185414-241-0. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度31分18秒 西経0度7分34秒 / 北緯51.52167度 西経0.12611度 / 51.52167; -0.12611