ラケッシュ・シャルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラケッシュ・シャルマ
Rakesh Sharma
インターコスモス宇宙飛行士
国籍 インドの旗 インド
現況 引退
誕生 1949年1月13日(65歳)
パンジャブ州パティヤーラ
他の職業 テストパイロット
階級 インド空軍中佐
宇宙滞在期間 7日21時間40分
ミッション ソユーズT-11 / ソユーズT-10
記章 Soyuz T-11 mission patch.gif
賞罰 Ashoka Chakra ribbon.svg アショカ・チャクラ賞
Golden Star medal 473.jpg ソ連邦英雄

ラケッシュ・シャルマ(Wing Commander Rakesh Sharma、1949年1月13日 - )は、インド空軍テストパイロットで、インターコスモスの一環としてソユーズT-11に搭乗した宇宙飛行士である。宇宙を訪れた最初のインド人となった[1][2]

生い立ち[編集]

シャルマは1949年にパンジャブ州パティヤーラで生まれ、ハイデラバードのセントジョージ小学校に通った。1966年7月に空軍の士官候補生として防衛大学校に入学し、1970年にテストパイロットとなった。1971年のパキスタンとの戦闘では、MIGに乗って何度も出撃し、功績を挙げた[3]

宇宙飛行[編集]

シャルマは急速に階級を上げ、部隊長となった。1984年にはインド宇宙研究機関ソビエト連邦のインターコスモスの共同宇宙プログラムに参加し、サリュート7号で8日間を宇宙で過ごした。1984年4月3日に2人のソビエト人宇宙飛行士とともにソユーズT-11で打ち上げられた。宇宙飛行中は、ヒマラヤ山脈水力発電所を作るために北インドの多スペクトルの写真を撮影した。彼は当時の首相インディラ・ガンディーに、宇宙からインドはどう見えたか尋ねられ、Main be jijhak kah sakta hoon..,'Saare Jahan Se Achcha(ヒンドスタンの我々の国は世界で最高だった)という有名な返答をしている。

地球に帰還するとソ連政府からソ連邦英雄を受けた他、インド政府からは2人のソ連人乗組員とともに、平時の最高の栄誉であるアショカ・チャクラ賞を授与された。

空軍中佐の階級で退役すると、シャルマはヒンドスタン航空機のテストパイロットとなり、後にバンガロールのNational Flight Test Centerを本拠として、国産戦闘機のテジャス等の試験飛行を行った。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. Spacefacts biography of Rakesh Sharma
  2. Rakesh Sharma from aworkflow.com