ラクスジェン・7MPV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラクスジェン・7MPV→M7ターボ
前期 フロント
LUXGEN 7 MPV 01.JPG
前期 リヤ
LUXGEN 7 MPV 02.jpg
販売期間 2009年 -
乗車定員 7人
ボディタイプ 5ドア ミニバン
エンジン 2.2L 直列4気筒ターボ
最高出力 175PS
最大トルク 28.0kgm
変速機 5速AT
駆動方式 FF
全長 4,845mm
全幅 1,768mm
全高 1,876mm
ホイールベース 2,910mm
車両重量 1,830kg - 1,875kg
姉妹車 ラクスジェン・U7ターボ
-自動車のスペック表-

ラクスジェン・7MPVLuxgen 7MPV )は台湾の自動車メーカー・裕隆汽車ラクスジェンブランドで発売するMPVミニバン)タイプの乗用車。2014年の改良時に「M7ターボ」へ改称された。

本項では上級モデルのラクスジェン・7CEOLuxgen 7CEO )ついても併せて説明する。

概要[編集]

裕隆汽車は2009年に独自のプレミアムブランドである「ラクスジェン」を立ち上げ、「7 MPV」は同年9月にブランド第1号モデルとして登場した。メカニズムはルノー・エスパスと共通の車台に2.2リッターエンジンにハネウェル製「ギャレット」タービン内蔵のターボチャージャーを搭載。トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製5速AT。

内装ではHTCと共同開発したカーパソコン「Luxgen Think+ System」やJBL製スピーカーを搭載。

電気自動車となる「Luxgen M7 EV+」の開発も進められ、企業や自治体向けにリース販売されている。

2014年4月、大幅なフェイスリフトを行うとともに、名称を「M7 TURBO」に改称。

ラクスジェン・7CEO[編集]

「7MPV」の上級モデルでメカニズムは共通だが定員は4人。後部座席をオットマン付きの本皮製フルリクライニングシートとし、運転席列と第2列の間に仕切りガラスを組み込んだ上でその上段に10.2型液晶モニターを設置するなどのリムジン仕様となっている。

マイナーチェンジで生産を終了。

脚注[編集]

外部リンク[編集]