ヨハン・エンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・エンデル/ヨハン・エンダー
生誕 1793年11月3日
神聖ローマ帝国ウィーン
死没 1854年3月16日
オーストリア帝国ウィーン
著名な実績 絵画

ヨハン・ネポムク・エンデルヨハン・ネポムク・エンダードイツ語: Thomas Nepomuk Ender1793年11月4日 - 1854年3月16日)とは、オーストリア画家であり、トマス・エンデルの弟。

経歴[編集]

ヨハンはトマスと共にウィーン美術アカデミー絵画を勉強し、画家となり、1818年から翌1819年にかけてイタリアトルコギリシャを旅行し、1820年から1826年の間、ローマに滞在した。その後はミニアチュールと歴史関係の絵画が評価されウィーン美術アカデミーの教授となり、1829年から1850年の間、教鞭を執っていた。

作品[編集]

他多数

参考文献[編集]