トマス・エンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマス・エンデル/トマス・エンダー
生誕 1793年11月3日
神聖ローマ帝国ウィーン
死去 1875年9月28日
オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
分野 絵画
テンプレートを表示

トマス・エンデルトマス・エンダードイツ語: Thomas Ender1793年11月3日 - 1875年9月28日)とは、オーストリア画家であり、ヨハン・エンデルの兄。

経歴[編集]

トマスはヨハンと共にウィーン美術アカデミー絵画を勉強し、風景画家となり、1816年、アカデミーの大賞を獲得、翌1817年ポルトガル・ブラジル及びアルガルヴェ連合王国の現ブラジル地域へと向かい、約1000枚に及ぶデッサンや水彩画を残した。その後はイタリアパレスティナギリシャパリを訪問した。そして1836年にウィーン美術アカデミーに戻り、後に教授となり、1849年まで教鞭を執っていた。

作品[編集]

参考文献[編集]