ヨゼフ・コウデルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨゼフ・コウデルカ

ヨゼフ・コウデルカチェコ語: Josef Koudelka1938年1月10日 - )はチェコスロバキア出身の写真家ジョセフ・クーデルカとも。

ソ連軍プラハ侵攻、いわゆるプラハの春の写真を撮り、ロバート・キャパ・ゴールドメダルを受賞したことで知られる。この時の写真はフィリップ・カウフマン監督の「存在の耐えられない軽さ」の時代考証にも使われた。

カメラは1960年代当時一番入手しやすかったことからエクサクタを愛用した。プラハ装飾美術館でディレクターをしていたアンナ・ファロバが東ドイツに旅行する際にフレクトゴン35mmF2.8の購入を頼んだが、旅先で入手できずフレクトゴン25mmF4を買って来てしまった。しかしこのフレクトゴン25mmF4によりジプシーを撮影して一躍有名になった[1]

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『クラシックカメラ専科No.17、フォクトレンダーのすべて』p.130。

参考文献[編集]

  • 『ジョセフ・クーデルカ プラハ侵攻1968』阿部賢一訳、平凡社、2011年
  • 『クラシックカメラ専科No.17、フォクトレンダーのすべて』朝日ソノラマ

外部リンク[編集]