ヨウ化スズ(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨウ化スズ(II)[1]
識別情報
CAS登録番号 10294-70-9
特性
化学式 SnI2
モル質量 372.519 g/mol
外観 赤ないし赤橙色の結晶
融点

320℃

沸点

714℃

への溶解度 1.0g/100g(20℃)、3.4g/100g(90℃)
構造
結晶構造 斜方晶系または単斜晶系
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −143.5 kJ mol−1[2]
関連する物質
その他の陰イオン 塩化スズ(II), 臭化スズ(II)
その他の陽イオン 二ヨウ化ゲルマニウム, ヨウ化鉛(II)
関連物質 三ヨウ化スズ
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヨウ化スズ(II)(ヨウかスズ、tin(II) iodide)は2価のスズヨウ化物で、化学式SnI2で表される無機化合物

製法[編集]

スズを沸騰させた濃厚ヨウ化水素酸に溶かして熱し、冷却して得られた結晶をアルコールで再結晶化させ、無水リン酸を入れた真空デシケーターで乾燥させる方法と、塩化スズ(II)の濃厚溶液とヨウ化カリウムの濃厚溶液を反応させる方法がある[3]

Sn + 2 HI → SnI2 + H2
SnCl2 + 2 KI → SnI2 + 2 KCl

またX線構造解析用の結晶を得るには2mol/dm3塩酸ヨウ素を飽和させ、金属スズを加えて加熱還流して冷却することにより結晶を析出させるのがよい[4]

Sn + HClI2 → SnI2 + HCl

性質[編集]

赤い結晶で、水にはわずかしか溶けないが、加熱するとクロロホルム二硫化炭素ベンゼンに溶ける[3]

アンモニアと種々の組成の錯体を形成し、ヨウ化アルカリと複塩,KSnI3を形成する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Chemistry : Periodic Table : tin : compound data [tin (II) iodide]
  2. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  3. ^ a b 松岡敬一郎 『ヨウ素綜説(第二版)』 霞ヶ関出版、1992年ISBN 9784760301355
  4. ^ 日本化学会編 『新実験化学講座 無機化合物の合成II』 丸善、1977年