ユーリ・ヌズネンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーリ・ヌズネンコ
基本情報
本名 ユーリ・ヌズネンコ
階級 ウェルター級
国籍 ウクライナの旗 ウクライナ
誕生日 1976年6月2日(37歳)
出身地 ウクライナの旗 ウクライナキエフ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 31
KO勝ち 14
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

ユーリ・ヌズネンコYuriy Nuzhnenko, 男性、1976年6月2日 - )は、ウクライナプロボクサー。元WBA世界ウェルター級王者。

ヨーロッパを主戦場にしており、知名度は高くないが、全勝のまま世界王座を獲得した。

来歴[編集]

2000年6月24日にポーランドでプロデビューする。デビュー後もロシアをはじめ東欧圏を主戦場に全勝を重ね、2006年3月7日に空位のWBAインターコンチネンタルウェルター級王座を獲得する。同王座を3度防衛しWBAの世界ランキングを上げたヌズネンコは、2007年12月8日にフランスでフレデリック・クローゼ(フランスの旗 フランス)を12回3-0判定で破り、WBA世界ウェルター級暫定王座を獲得した。

2007年12月8日、アービング・ガルシア(プエルトリコの旗 プエルトリコ)と対戦し、10回負傷判定1-0のドローで初防衛に成功した。

2008年10月、正規王者アントニオ・マルガリートメキシコの旗 メキシコ)のスーパー王座認定により空位となった正規王座に認定され正規王者になった。

2009年4月10日、暫定王座から数えて2度目の防衛戦でビチェスラフ・センチェンコウクライナの旗 ウクライナ)と対戦、無敗のウクライナ人同士の対戦となったが、0-3の判定負けで王座から陥落した。

2010年7月16日、リッキー・ハットンの弟マシュー・ハットンイギリスの旗 イギリス)の持つ、EBUウェルター級王座に挑戦するも0-3の判定負けで2敗目となった。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
フレデリック・クローゼ
WBA世界ウェルター級暫定王者

2007年12月8日 - 2008年10月

次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
アントニオ・マルガリート
第84代WBA世界ウェルター級王者

2008年10月 - 2009年4月10日

次王者
ビチェスラフ・センチェンコ