ユンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新三菱重工Y35ユンボ
住友建機油圧ショベル(ユンボ)SH 200 バケット容量0.8m3(旧JIS 0.7m3)

ユンボ(yumbo)は、一般には油圧ショベルパワーショベルバックホー等と呼ばれる建設機械の呼称のひとつで、日本においてはレンタルのニッケン登録商標(商標登録第2086745号)である。

「油圧ショベル」は 1990年代に入ってから、これらの統一名称として「社団法人日本建設機械工業会」によって定められたものである。

歴史と概略[編集]

yumboはもともとフランス・シカム(SICAM社、現・ユンボ)の製品呼称である。1882年1914年英国で、また1914年米国で創られた初期の油圧式ショベルを経て、現在の形式の元となる油圧ショベルは1940年代後半にはイタリアフランス、米国でほぼ同年代に創られた。1948年プロトタイプを数台造ったが資金難に陥ったイタリアの兄弟(Carlo and Mario Bruneri [1][2])から仏SICAM社は1954年特許を得て、同年Yumboと銘打ったS25型を造り、1960年代始めに米国(Drott社)、スペイン(TUSA社)、日本(三菱)、英国(Priestman社)にライセンス供与を行った[3]
SICAM社と技術提携した新三菱重工 (現・三菱重工業) が、1961年に代表機種のY35を初めて国産化した際にも「ユンボ」の名称で発売したものである[4][5]。同商品の性能のよさもあり、その名称が油圧ショベルの代名詞として浸透した。このため、早くから油圧ショベルを利用してきた土木建設業界では「ユンボ」の名称が「油圧ショベル」の代名詞として使われている場合が多い。

なお、現在同事業を継承しているキャタピラージャパンに「ユンボ」と名付けた商品はない。従って、ユンボ社とかつての新三菱重工業、キャタピラー三菱製以外には「ユンボ」という商品は存在しない。

日本では油圧ショベルの呼称として、本来商品名である「ユンボ」が一般名詞化して普及した理由の一つとして、スポーツ新聞等の「三行広告」求人欄で多く使われたことが挙げられる。「油圧ショベルオペレータ募集」を指す、「ユンボオペ募集」は決まり文句となっている。

三行広告は文字通り元来3行であり、限られた文字数で内容を端的に表す必要がある。「油圧ショベル」なら6文字必要だが、「ユンボ」なら3文字で済む。求人広告はその道を専門とする者が判れば良く、また響きの良い「ユンボ」という言葉の語感からも多用された。

登場作品[編集]

  • 映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(2007年11月3日公開) ユンボが動く場面が登場。これは昭和36年製のモデルで、実機を所有するオーナーが存在する。初期モデルであり非常に貴重。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Early Hydraulic Shovels, History” (英語). 200-01-05閲覧。
  2. ^ 建設機械史:発明と技術革新、1948年”. EaethMover研究会. 209-01-05閲覧。
  3. ^ 英文参照文献、201ページ左下:Haddock, Keith (1998年). “Giant Earthmovers: An Illustrated History, ISBN 076030369X, 9780760303696”. MBI Publishing Company. pp. 201/224 left bottom. 2008年8月29日閲覧。
  4. ^ 一機械メーカーから見たフランス、「フランスとの技術交流について」欧州三菱重工業(株)パリ事務所、江田仁、2004年7月12日付け、在仏日本商工会議所
  5. ^ COMPTE RENDU DE LA DÉMONSTRATION DES PELLES YUMBO A GENAS、1/7ページ右上の節PDFファイル(フランス語)またはこのURL
    *(仏文抜粋:Mais le champ d’action de YUMBO n’est pas limité au territoire français......des pelles YUMBO sous licence. -au JAPON, la Firme MITSHUBISHI qui, au cours des 5 dernières années, a fabriqué et vendu plus de 4.000 unités.)
    * http://translate.livedoor.com/french/ - livedoor 翻訳による:(抜粋部英語詳訳:But the field of action of YUMBO is not limited at the French territory. Indeed, the Company exports its materials in about fifty countries, notably in developing countries. These last are ((follow-ups)) since one can mention the sale of units of her ((New Generation)) to CUBA, to VENEZUELA and to GUYANA. Otherwise, two foreign societies construct some YUMBO shovels under license. - to JAPAN, the Business MITSHUBISHI that, during the last 5 years, manufactured and sold more than 4.000 units. )
    *(日本語要約:YOMBOは仏植民地に限らず、南米3国やスペインへ、また日本では三菱にライセンスされ最後の5年間で4,000台以上製造販売された。