ヤン・ファン・スコーレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・ファン・スコーレル
『マグダラのマリア』
アムステルダム国立美術館
生誕 1495年8月1日
スコールル
死去 1562年12月6日
ユトレヒト
テンプレートを表示

ヤン・ファン・スコーレルJan van Scorel, 1495年 - 1562年12月6日)は、オランダの画家。イタリア・ルネサンスをオランダへ紹介した。

経歴[編集]

アルクマール北部のスコールル出身。彼がユトレヒトヤン・ホッサールトの元か、アムステルダムヤーコプ・コルネリスツの元で絵を学びだしたかどうかは、知られていない。しかし、彼がこれらの偉大な師匠と出会い、彼の技術に大いなる影響を受けたのは確かである。スコーレルは20代前半にヨーロッパ諸国を旅してまわる[1]。初めはニュルンベルクアルブレヒト・デューラーに会い、その影響を受け、1520年には出世作であるオーストリアのオーバーフェラッハ村にある聖マルティヌス教会の『"Sippenaltar"』を仕上げた。ジョルジョーネからは、ヴェネツィア滞在中に大きな影響を受けた。その後、聖地エルサレム巡礼に向かった。彼の聖地での体験が彼ののちの作品の多くに描かれた。

1522年、スコーレルはオランダ出身のローマ教皇ハドリアヌス6世にローマに招聘され、教皇庁の画家に任命された。彼は教皇の肖像画を描いている。スコーレルはミケランジェロラファエロ・サンティの影響を受け、ラファエロを継いでベルヴェデーレの中庭の教皇コレクションの管理人になった。

1524年にオランダに帰国し、彼は画家・教師として成功を収めた。彼は非常に良い教育を受けており、技師・建築家としての腕も持っていた。また彼は数カ国語を操ったといい、これは彼の外国旅行のおかげであることは疑いもない。

1562年、スコーレルは肖像画と祭壇画という財産を残してユトレヒトで死んだ。彼の多くの作品は、1566年の聖像破壊運動の犠牲となり、数点がその惨禍を逃れ、現在オランダ国内の美術館で見ることができる。

参照[編集]

  1. ^ 71591 artist record for Jan van Scorel in RKD

外部リンク[編集]