モーリシャス社会主義運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーリシャスの旗 モーリシャスの政党
モーリシャス社会主義運動
Mouvement Socialiste Militant
議員 Pravind Jugnauth
成立年月日 1983年
政治的思想・立場 社会主義
公式サイト モーリシャス社会主義運動
労働党・モーリシャス社会民主党と連立し、政権党となっている
テンプレートを表示

モーリシャス社会主義運動(モーリシャスしゃかいしゅぎうんどう、フランス語Mouvement Socialiste Militant英語:Militant Socialist Movement、MSM)は、モーリシャス共和国政治政党ヒンドゥー教の政党として知られる。なお党名を字義通りに訳すと「社会主義闘争運動」となるが、日本の外務省は「モーリシャス社会主義運動」との訳語を当てている。[1]また、過去に存在(2008年に解散)したモーリシャス闘争社会主義運動英語版(MMSM)は別政党である。

概要[編集]

現党首は、プラビンド・ジュグノート英語版(Pravind Jugnauth)。

1983年モーリシャス闘争運動英語版(MMM)に所属していたアヌルード・ジュグノート首相が新たに創設した政党である。同年から1992年の共和制移行を経た1995年まで与党の地位に在り、アヌルード・ジュグノートが一貫して首相を務めた。しかし、1995年国民議会選挙では、ナヴィン・ラングーラム率いる労働党 (モーリシャス)英語版(PTRまたはMLP)に敗北、MSMは下野した。

2000年の国民議会選挙では、MSMはMMMと連合を組むことで勝利し、アヌルード・ジュグノートが再び首相に就任した。2003年に、アヌルード・ジュグノートは連立相手であるMMM党首のポール・ベレンガー英語版(Paul Bérenger)に首相の地位を、息子のプラビンドにMSM党首の地位をそれぞれ譲り、自らは大統領に就任した。

2005年7月3日国民議会選挙には、MSMはMMMやモーリシャス社会民主党英語版(PMSD)と連合を組んで臨む。しかし70議席中24議席しか獲得できず、42議席を獲得した労働党率いる社会主義同盟に敗北、下野した。しかし2010年5月5日の国民議会選挙では、MSMとPMSDは、一転して与党の労働党と連合、未来同盟英語版を結成した。未来同盟は70議席中45議席を獲得してMMMなどのハート同盟を破り、MSMも与党として参加することになった。

[編集]

  1. ^ 外務省ホームページ [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]