ナヴィン・ラングーラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナヴィン・ラングーラム
नवीन चन्‍द्र रामगुलाम
Navin Ramgoolam Portrait 2014.jpg
生年月日 1947年7月14日
前職 医師
弁護士
所属政党 労働党 (モーリシャス)英語版
称号 修士
親族 シウサガル・ラングーラム

任期 2005年7月5日 -
大統領 アヌルード・ジュグノート
モニーク・ベルポー(代行)
ラジュケスウール・ピュリャグ
テンプレートを表示

ナヴィン・ラングーラムヒンディー語:नवीन चन्‍द्र रामगुलाम、1947年7月14日 -)はモーリシャス共和国政治家労働党 (モーリシャス)英語版所属議員。(共和制移行後における)モーリシャス第2代・第5代首相

経歴[編集]

1947年7月14日に生まれる。英連邦王国としてのモーリシャスの独立に貢献し、労働党党首として初代首相にもなったシウサガル・ラングーラム。ナヴィンは、アイルランド首都ダブリン医師として修業に努め、1977年医師免許を得た。また、政治家としてのキャリアを積むため、修士学位ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスにて取得した。

1991年にナヴィン・ラングーラムは労働党の党首となり、1995年国民議会選挙で与党モーリシャス社会主義運動(MSM)を破り、共和制移行後の第2代首相に就任した。2000年の国民議会選挙ではMSMに敗北、下野したが、2005年選挙では社会主義連盟を結成して雪辱、第5代首相に就任した。2010年の国民議会選挙では、積年のライバルであるMSMなどと未来同盟英語版を結成、勝利して首相の地位を守った。

ラングーラムの政策は、モーリシャス国民への無料交通の導入、高齢者に対する温厚政策などを行うために、モーリシャスの税制を厳罰化するなど、今までに無い改革が行われている。実権を握るラングラームと、名誉職である大統領のアヌルード・ジュグノートとの対立が激化し、ジュグノートは2012年3月31日で辞任するに至った。[1]

出典[編集]

先代:
ポール・ベレンガー英語版
5代モーリシャスの首相
2005年 -
次代:
-