モーマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーマス(Momus、本名ニック・カリー Nick Currie 1960年2月11日-)はスコットランドペイズリー出身のミュージシャン。芸名はギリシア神話に登場する皮肉・あざけりの神モモスen)に由来する。幼少期をギリシャのアテネ、カナダのモントリオールで過ごし、母国の大学で文学を学ぶ。学生時代にバンドThe Happy Familyを結成。のち、ソロとしてのアルバムを発表する。ロンドン、パリ、ニューヨーク、東京、ベルリンなどを転々とし、現在は大阪に拠点を置く。文筆家としても活動し、Wired magazineや Vice Magazine、Design Observerなどへの寄稿でも知られる。日本ではカヒミ・カリィ猫沢エミPOiSON GiRL FRiEND等に楽曲を提供。渋谷系としてカテゴライズされることもある。


アルバム[編集]

  • Circus Maximus (1986)
  • The Poison Boyfriend (1987)
  • Tender Pervert (1988)
  • Don't Stop The Night (1989)
  • Monsters Of Love (1990)
  • Hippopotamomus (1991)
  • The Ultraconformist (Live Whilst Out Of Fashion) (1992)
  • Voyager (1992)
  • Timelord (1993)
  • Slender Sherbert (1995)
  • The Philosophy of Momus (1995)
  • Twenty Vodka Jellies (1996)
  • Ping Pong (1997)
  • The Little Red Songbook (1998)
  • Stars Forever (1999)
  • Folktronic (2001)
  • Oskar Tennis Champion (2003)
  • Summerisle, a collaboration with Anne Laplantine (2004)
  • Otto Spooky (2005)
  • Ocky Milk (2006)
  • Joemus, a collaboration with Joe Howe (2008)
  • Hypnoprism (2010)
  • Thunderclown, a collaboration with John Henriksson (2011)
  • Bibliotek (2012)
  • In Samoa (2012)
  • MOMUSMCCLYMONT, a collaboration with David McClymont (2012)
  • Bambi (2013)

外部リンク[編集]