モンゴル民主化運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モンゴル民主化運動(モンゴルみんしゅかうんどう、モンゴル語: Ардчилсан хувьсгалラテン文字転写: Ardchilsan khuv'sgal)とは、1989年から1990年にかけてのモンゴル人民共和国において、都市在住の知識人に主導された民主化革命を指す。無血で行われたのが特徴。

1985年以降、ジャムビィン・バトムンフ書記長が進めていた体制内改革により、その土壌は作られていた。

1989年12月10日、サンジャースレンギーン・ゾリクらによって民主化デモが実行されたことに端を発する[1]

12月17日には人権尊重などを求める意見書が発表され[2]モンゴル国立大学大学院生サンジャースレンギーン・ゾリクをリーダーとするモンゴル民主連合をはじめ、モンゴル社会民主主義運動モンゴル進歩連合が結成される。モンゴル人民革命党政治局員の解任要求も提出された。

1990年3月15日、モンゴル人民革命党中央委員会第8回総会で、ユムジャーギィン・ツェデンバル元書記長の下で政治迫害された人々に対する名誉回復と、ソ連滞在中だった元書記長の党籍剥奪を決定。バトムンフ書記長と政治局員全員の辞任を承認すると共に、外国経済関係大臣だった穏健派のポンサルマーギーン・オチルバトを新書記長に選出[3]

1990年3月には民主化運動は拡大し、民主各派は複数政党制の採用と、政府に対するモンゴル人民革命党の党の指導性を否定することを要求[4]

モンゴル人民革命党は、これらの要求を受け入れ、複数政党制と大統領制を採用。貿易の自由化と、ソ連軍撤兵を実現した。1992年の新憲法制定によって、制度面での民主化は完成した。

脚注[編集]

  1. ^ 「現代モンゴル 迷走するグローバリゼーション」p35-38 モリス・ロッサビ著 小長谷有紀監訳 小林志歩訳 明石書店 2007年7月31日初版第1刷
  2. ^ 「現代モンゴル 迷走するグローバリゼーション」p45 モリス・ロッサビ著 小長谷有紀監訳 小林志歩訳 明石書店 2007年7月31日初版第1刷
  3. ^ 「現代モンゴル 迷走するグローバリゼーション」p57 モリス・ロッサビ著 小長谷有紀監訳 小林志歩訳 明石書店 2007年7月31日初版第1刷
  4. ^ 「現代モンゴル 迷走するグローバリゼーション」p57 モリス・ロッサビ著 小長谷有紀監訳 小林志歩訳 明石書店 2007年7月31日初版第1刷