モリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モリオン

モリオン(英、独、仏:Morion)は、16世紀から18世紀にかけてヨーロッパ諸国で流行ったスペイン風の軍用。アーモンド型(洋梨とも)をしている鉢で、鍔の前後が尖っているのが特徴である。

歴史[編集]

生産が比較的に安価であったため、16世紀中葉からよく歩兵に使われるようになった。一般的にコンキスタドールの兜とよく思われがちだが、実際、モリオンがヨーロッパに広がるのはイングランド王エドワード六世長槍兵の制服にしてからのことである。ちなみに、イングランド王国軍の間ではポット(Pot)と呼ばれていた。

安土桃山時代の日本にも南蛮貿易を通じてもたらされ、「南蛮兜」の名称で一部の武将たちに南蛮胴と揃いで愛用された。日本で使用される場合、シコロや眉庇を追加するなど、和風に改造されることが多い。

現代のバチカンローマ教皇庁を守るスイス衛兵隊においても、装備として使われ続けている。

特徴[編集]

  • 前開いている形をしている鍔はよい視線をもたらすが、重くて携帯に不便だと思われる。
  • キャバセット兜(英:Cabasset)はモリオンをイギリス風にしたものだと思われる。

関連項目[編集]