フランシスコ・デ・オレリャーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシスコ・デ・オレリャーナ

フランシスコ・デ・オレリャーナ(スペイン語: Francisco de Orellana, 1511年 - 1546年)は、スペインコンキスタドールオレリャナオレリャーノとも。

オレリャーナはフランシスコ・ピサロとともにスペインによるインカ帝国の征服に参加。ゴンサロ・ピサロエル・ドラードを探して行った1541年の遠征に参加した士官の一人であった。

1541年12月に、現在のナポ川でオレリャーナの船は本隊から分離された。その後、オレリャーナの部隊はアマゾン川の全距離を航海し、1542年8月に河口に到達した。これは歴史上、不可能そうだが成功した航海の一つとして数えられている。

アマゾン川にその名が命名されたのはこの航海上であった。オレリャーナは勇敢な女性の戦士に攻撃されたと記録している。しかし、実際には長髪を持った男性の戦士との戦闘を行ったことが考えられる。

オレリャーナはアマゾン川を下った後の航海中に死去した。エクアドルオレリャナ州は彼にちなんで命名された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]