モハメド・ラウラウア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モハメド・ラウラウア(英語:Mohamed Raouraoua 1946年 - )はアルジェリアサッカー連盟の現会長であり、北アフリカサッカー連合の2代目会長(2008年 - )・アラブサッカー連盟の副会長でもある。またFIFAの実行委員会の委員も務めている。アルジェ出身。

モハメド・ラウラウアは最初に、2001年から2005年までアルジェリアサッカー連盟の会長を務めた。2009年にも会長選挙に立候補し、満場一致で会長に再選出された。

2011年2月23日にラウラウアは、FIFAの実行委員会委員に選出された。ラウラウアは、Jacques Anoumaフランス語版(コートジボアール)が持っていた2つのポストのうち1つを取得した。このポストは、2018年W杯2022年W杯の開催地選挙において賄賂を受け取った事により、FIFAから免職処分を受けたエイモス・アダム英語版(ニジェール)が務めていた物であった[1]

脚注[編集]