モツゴ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モツゴ
Pseudorasbora parva(Hamamatsu,Shizuoka,Japan).jpg
モツゴの若魚
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : カマツカ亜科 Gobioninae
ヒガイ亜科 Sarcocheilichthyinae
: モツゴ属 Pseudorasbora
学名
Pseudorasbora Bleeker1860

モツゴ属 Pseudorasbora は、コイ目コイ科の1属である。モツゴなどが属する。

分類[編集]

コイ科に属するのは確かだが、コイ科の分類は安定していない。

近年は亜科を細かく分ける傾向にあり、モツゴ属はカマツカ亜科に含まれてきた。さらに細谷和海 (1989) は、形態的特長から、カマツカ亜科からモツゴ属などのヒガイ亜科を分割した。

[編集]

5種がおり、東アジアに分布する。日本にはモツゴと Pseudorasbora pumila の2種が分布する。

モツゴ Pseudorasbora parva (Temminck et Schlegel1846)
日本中国台湾朝鮮半島アムールに棲息する。さらに適応性が高いため、移入種として世界各地に分布する。
Pseudorasbora pumila Miyadi, 1930
シナイモツゴ Pseudorasbora pumila pumila Miyadi, 1930
全長8cmほど。モツゴよりもずんぐりした体つきをしていて、側線が体の前半部にしかないことで区別する。日本の固有種で、関東地方から東北地方に分布していたが、モツゴの移入や環境の変化によって関東地方では絶滅し、東北地方でも生息地が減少している。和名宮城県松島町品井沼(しないぬま)に由来するが、ここでもモツゴと置き換わって姿を消してしまった。絶滅危惧IA類(CR)環境省レッドリスト)(2007年)。
ウシモツゴ Pseudorasbora pumila subsp.
Pseudorasbora pumila の未記載亜種。全長7cmほど。シナイモツゴよりやや小型で、体側に黒色縦条がないことで区別する。濃尾平野の一部だけに生息し、モツゴの移入や環境変化によって絶滅の危機にある。絶滅危惧IA類(CR)環境省レッドリスト)(2007年)。
Pseudorasbora elongata Wu, 1939
体側に太い黒色縦条が入る。ムギツクに似ており、近縁という説もある。中国の漓江長江流域に分布する。
Pseudorasbora fowleri Nichols1925
中国産
Pseudorasbora interrupta Xiao, Lan et Chen2007
中国産