カマツカ亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カマツカ亜科
Gobio gobio2.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : カマツカ亜科 Gobioninae
下位分類群
本文参照

カマツカ亜科 Gobioninae はコイ科に含まれる亜科の一つ。約30属200種が属する。様々な生態・形態を持つが、多くの種は底生であり、下向きの口・小型化した鰾を持つものが多い。主にアジア産で、一部はヨーロッパにも分布する[1]

分類[編集]

最初に分岐したニゴイ-スゴモロコ群と、2つの大きなクレードであるヒガイ族・カマツカ族に分けられる[1][2]

ニゴイ-スゴモロコ群[編集]

ニゴイ-スゴモロコ群 Hemibarbus-Squalidus Group には約30種が含まれる。

ヒガイ族[編集]

ヒガイ族 Sarcocheilichthyini には約40種が含まれる。

カマツカ族[編集]

カマツカ族 Gobionini は約130種を含む。ヨーロッパ産のGobio Group、アジア産のPseudogobio Groupに分けられる。

脚注[編集]

  1. ^ a b Tang KL, Agnew MK, Chen WJ, Vincent Hirt M, Raley ME, Sado T, Schneider LM, Yang L, Bart HL, He S, Liu H, Miya M, Saitoh K, Simons AM, Wood RM, Mayden RL. (2011). “Phylogeny of the gudgeons (Teleostei: Cyprinidae: Gobioninae)”. Mol Phylogenet Evol. 61 (1): 103-124. PMID 21672635. 
  2. ^ LIU HuanZhang, YANG JinQuan & TANG QiongYing (2010). “Estimated evolutionary tempo of East Asian gobionid fishes (Teleostei: Cyprinidae) from mitochondrial DNA sequence data”. Chinese Science Bulletin 55 (15): 1501-1510. doi:10.1007/s11434-010-3159-7.