ムハンマド・フセイン・ファドラッラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムハンマド・フセイン・ファドラッラー

ムハンマド・フセイン・ファドラッラーアラビア語: محمد حسين فضل الله‎、1935年11月16日 - 2010年7月4日)はレバノンシーア派イスラームの最高位権威法学者(大アーヤトッラー)。

来歴[編集]

1935年イラクナジャフで出生。1966年に両親の出身地レバノンに戻りシーア派社会の覚醒に貢献した。

イスラエルがレバノンに侵攻した1982年以降は、「防衛的ジハード」を呼びかけイスラエルの承認や関係正常化を禁止するファトワーを出し、テロを諌めるなど「現実主義者」として知られる。

2010年7月4日ベイルートで死去。74歳だった。