ムアンナラーティワート郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯6度25分34秒 東経101度49分23秒 / 北緯6.42611度 東経101.82306度 / 6.42611; 101.82306

ムアンナラーティワート郡
位置画像
ムアンナラーティワート郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอเมืองนราธิวาส
ナラーティワート県
地理番号 9601
郵便番号 96000
統計
面積 305.115 km2
人口 117,949 人 (2012年)
人口密度 386.57 人/km2
行政
郡庁所在地 Bang Nak
テンプレートを表示

ムアンナラーティワート郡(ムアンナラーティワートぐん、タイ語:อำเภอเมืองนราธิวาส)はタイ王国南部ナラーティワート県の郡(アムプー)である。同県の県庁所在地でもある。

名称[編集]

元々、マレー系の住民によってクアラ・ムナラ (Kuala Menara) と呼ばれており。短くムナラとも呼ばれていた。このクアラ・ムナラは「灯台」という意味である。これをタイ人は崩してバーンナラー (บางนรา) 、バーンナーク (บางนาค) と呼び[1]、バーンナラーの名前が公文書でも見られるようになった。1915年ラーマ6世(ワチラーウット)は県の名前をこのバーンナラー県からナラーをもじってサンスクリット風にナラーティワート県と名を変えた[2]。郡の方はしばらくバーンナラー郡と呼ばれていたが、1937年に県の名前に合わせてムアンナラーティワート郡と改称した。なお、ナラーティワートの意味は「よい住民の住むところ」である。

歴史[編集]

ナラーティワートは元々、ムナラと称しサーイブリーの村だった。その後、タムボン・ナマーロー (ตำบลมะนาลอ) と改称しラゲ県の管轄下に入った。その後。タムボン・ナマーローは発展し、ラゲ県の県庁舎はタムボン・ナマーローに移転しその後、タムボン・ナマーローは郡に昇格し地元の名前に合わせバーンナラー郡と呼ばれるようになった。その後、県がナラーティワートと改称したのに合わせ、1938年にムアンナラーティワート郡となった[3]

ラーマ9世(プーミポン)はこの地に1973年タクシンラーチャニウェート宮殿を建設[4]、毎年の様に訪れていた[5]

地理[編集]

郡はバーンナラー川の形成した平地にある。郡内の重要な水源もバーンナラー川である。郡内にはアーオ・マナーオ=カオ・タンヨン国立公園がある。

国道42号線が東に延びておりパッタニー方面に、国道4055号線が西南に延びておりスンガイコーロックに、国道4084号線が南東に延びておりタークバイ方面と、国道4136号線が北に通っておりマイケン方面とつながっている。

経済[編集]

郡内の主な産業農業で、パラゴムノキコメココヤシ、その他果物類が生産されている。また漁業も行われている。

行政区分[編集]

郡は7のタムボンに分かれ、さらにその下位に57の村(ムーバーン)がある。自治体(テーサバーン)があり以下のようになっている。

  • テーサバーンムアン・ナラーティワート・・・タムボン・バーンナークの一部。

また郡内には6のタムボン行政体(オンカーンボーリハーンスワンタムボン)がある。

  1. タムボン・バーンナーク・・・ตำบลบางนาค
  2. タムボン・ラムプー・・・ตำบลลำภู
  3. タムボン・マナンターヨー・・・ตำบลมะนังตายอ
  4. タムボン・バーンポー・・・ตำบลบางปอ
  5. タムボン・カルウォー・・・ตำบลกะลุวอ
  6. タムボン・カルウォーヌア・・・ตำบลกะลุวอเหนือ
  7. タムボン・コークキエン・・・ตำบลโคกเคียน

脚注[編集]

  1. ^ ประพนธ์ เรืองณรงค์: "นราธิวาส", รัฐปัตตานื ใน "ศรืวิชัย", สุจิตต์ วงษ์เทศ, บรรณาธิการ. กรุงเทพฯ: สำนักพิมพ์มติชน, 2547, p.350 ISBN 9789743231834
  2. ^ “ประกาศ เปลี่ยนชื่อเมืองบางนรา เป็นเมืองนราธิวาส”. ราชกิจจานุเบกษา เล่ม ๓๒ (ตอน ๐ ก): หน้า ๑๔๕. (๘ สิงหาคม ๒๔๕๘). http://www.ratchakitcha.soc.go.th/DATA/PDF/2458/A/145.PDF. 
  3. ^ “พระราชกฤษฎีกาเปลี่ยนนามจังหวัด และอำเภอบางแห่ง พุทธศักราช ๒๔๘๑”. ราชกิจจานุเบกษา เล่ม ๕๕ (ตอน ๐ ก): หน้า ๖๕๘. (๑๔ พฤศจิกายน ๒๔๘๑). http://www.ratchakitcha.soc.go.th/DATA/PDF/2481/A/658.PDF. 
  4. ^ (タイ語) พระตำหนักทักษิณราชนิเวศน์, สำนักประชาสัมพันธ์ เขต 6, http://region6.prd.go.th/mw/province/narathiwat/content.php?page=sub&category=17&id=24 2008年3月29日閲覧。 
  5. ^ 石井米雄吉川利治『タイの事典』同朋舎、1993年、p.251 ISBN 9784810408539

外部リンク[編集]