ミンダナオ地震 (1976年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1976年ミンダナオ地震
ミンダナオ地震 (1976年)の位置(フィリピン内)
ミンダナオ地震 (1976年)
本震
発生日 1976年8月17日
発生時刻 午前0時11分44.2秒(現地時間)
震源の深さ 59km
規模    マグニチュード(M)7.8
津波 最大4.27m
被害
死傷者数 死者・行方不明者5000人-8000人
被害地域 フィリピンの旗 フィリピン
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

1976年ミンダナオ地震[1][2]は、同年8月17日午前0時11分(現地時間)、フィリピンミンダナオ島南方沖で発生したマグニチュード7.8の地震である。なお、地震名については、「ミンダナオ島南方沖」[3]、「ミンダナオ島南部」[4]とする資料もある。

地震発生の数分後、モロ湾セレベス海沿岸一帯に津波が押し寄せ、最大で4.27mの高さを記録、甚大な被害をもたらした。同年9月1日時点で、死者3564人、行方不明者1502人、負傷者8256人、住宅を失った家族数12183にのぼった[5]。死者・行方不明者は8000人に及んだとの報告もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『世界災害史辞典 1945-2009』、日外アソシエーツ、2009年、ISBN 978-4-8169-2211-4.
  2. ^ 国立天文台 編集『理科年表 平成24年版』、丸善、2011年、ISBN 978-4621084380.
  3. ^ 宇津徳治 ほか 編集『地震の事典』第2版、朝倉書店、2001年、ISBN 4254160399.
  4. ^ 力武常次 監修『近代世界の災害』、国会資料編纂会、1995年、ISBN 4-906474-04-7.
  5. ^ 中村重久 <資料・研究ノート>1976年8月のミンダナオ島南部の地震と津波について 『東南アジア研究』 15(1), 95-109, 1977-06 京都大学防災研究所-CiNii論文PDFオープンアクセス

関連項目[編集]