ミュレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Muret


Mairie de Muret.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ミディ=ピレネー地域圏
(département) オート=ガロンヌ県
(arrondissement) ミュレ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 31395
郵便番号 31600
市長任期 アンドレ・マンドマン
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:communauté d'agglomération du Muretain
人口動態
人口 23,297人
(estimation 2008年
人口密度 408人/km²
地理
座標 北緯43度27分40秒 東経1度19分36秒 / 北緯43.4611111111度 東経1.32666666667度 / 43.4611111111; 1.32666666667座標: 北緯43度27分40秒 東経1度19分36秒 / 北緯43.4611111111度 東経1.32666666667度 / 43.4611111111; 1.32666666667
標高 平均:m
最低:152m
最高:385m
面積 57.84km² (5 784ha)
Muretの位置(フランス内)
Muret
Muret
公式サイト www.mairie-muret.fr
テンプレートを表示

ミュレフランス語:Muret、オック語ガスコーニュ語:Murèth)は、フランスミディ=ピレネー地域圏オート=ガロンヌ県コミューン

地理・交通[編集]

トゥールーズの南約20kmに位置し、トゥールーズ都市圏に含まれる。コミューン内でガロンヌ川へルージュ川が合流する。

  • 道路 - N117、A64
  • 鉄道 - フランス国鉄ミュレ駅。トゥールーズ=バイヨンヌ線
  • バス - アルカンシエル・オート=ガロンヌ・ネットワークが運行

歴史[編集]

新石器時代より人が定住していた。

1213年9月にこの地で起きたミュレの戦いでは、アラゴンオクシタニアの連合軍を率いてフランスと戦ったペドロ2世が戦死した。アラゴンとの係争地ラングドックはフランスに併合され、広く浸透していたカタリ派が迫害されることになった。

第二次世界大戦中、ミュレを含むピレネー山麓のコミューンでマキが活動した。

コミューン内にフランス陸軍第3補給連隊が駐留する。

経済[編集]

穀物を主とした農業が盛んである。トゥールーズへの近さゆえんの工業地帯や住宅地の有利さは実際には消えうせている。ラクロワ・グループやピエール・ファーブル社の工場がある。

姉妹都市[編集]

出身者[編集]