ミケーレ・パドヴァーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミケーレ・パドヴァーノ Football pictogram.svg
Michele Padovano.jpg
名前
ラテン文字 Michele Padovano
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1966年8月28日(48歳)
出身地 イタリアの旗 トリノ
身長 177cm
選手情報
ポジション フォワード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1986
1986-1990
1990-1991
1991-1992
1992-1993
1993-1994
1994
1994-1995
1995-1997
1997-1999
1999-2000
2000-2001
アスティTSC
コゼンツァ・カルチョ1914
ACピサ
SSCナポリ
ジェノアCFC
ACレッジャーナ1919
ジェノアCFC
ACレッジャーナ1919
ユヴェントスFC
クリスタル・パレスFC
FCメス
カルチョ・コモ
24 (5)
103 (22)
30 (11)
27 (7)
27 (9)
29 (10)
2 (0)
19 (7)
42 (12)
12 (1)
9 (4)
代表歴
1997 イタリアの旗 イタリア 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。12 (2)現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj


ミケーレ・パドヴァーノ (Michele Padovano、1966年8月28日 - ) は、イタリア共和国トリノ出身の元サッカー選手である。現役時代のポジションはフォワード

経歴[編集]

アスティTSCの下部組織出身で1985年にトップチームに昇格してキャリアをスタートさせた。1986年10月、コゼンツァ・カルチョ1914に移籍、1990年までの4年間に103試合に出場して22得点を挙げた。コゼンツァは監督のジャンニ・ディ・マルツィオ (Gianni Di Marzio) の元で1987-88年度にセリエC1からセリエBに昇格した。

1990年にACピサに移籍してセリエAの舞台にデビューした。ピサでは30試合に出場して11得点を挙げたが、クラブは16位に終わり、セリエBに降格した。翌1991年にはSSCナポリに移籍し、1シーズンが終わるとジェノアCFCACレッジャーナと渡り歩いた。1993-94年度にはレッジャーナで10得点を挙げ、クラブのセリエA残留に貢献した。

シーズン終了後の1994年にパドヴァーノはジェノアに復帰。2試合に出場したが、同年11月に再びレッジャーナにレンタル移籍する事となった。この年度では19試合に出場して合計7得点を挙げたが、順位は17位に終わり、レッジャ ーナはセリエBへの降格が決定した。パドヴァーノはユヴェントスFCからオファーを受けて移籍した。

ユヴェントスに在籍していた2シーズン中、42試合に出場して12得点を挙げた他、1995-96年度にはUEFAチャンピオンズリーグ優勝、1996-97年度にはスクデットとトヨタカップ優勝を経験した。またスッペルコッパ・イタリアーナでも1996-97各年度に優勝を経験した。

パドヴァーノは1997年にイタリア代表に選出され、1998 FIFAワールドカップの欧州地区予選に出場した。しかし代表デビュー試合となったポーランドとの試合中、ペナルティーキックを蹴ろうとして転倒し、膝を骨折するという重傷を負った。同シーズン終了後、パドヴァーノはイングランドへ渡り、FAプレミアリーグ所属のクリスタル・パレスFCに入団した。加入初年度の1997-98年度にクリスタル・パレスはリーグ最下位となり、翌1998-99年度はフットボールリーグでのプレーを経験した。しかし2年間で12試合1得点と、出場機会はイタリア時代と比べても減少傾向にあった。

2001年、FCメスおよびカルチョ・コモでのシーズンを終えたパドヴァーノは現役引退を表明した。引退後はレッジャーナの職員を経て、2005年にはトリノFCでスポーツ・ディレクターに就任。2006年の2月から5月まではUSアレッサンドリア・カルチョ1912の職員を務めた。

成績[編集]

外部リンク[編集]