マーダー・ライド・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーダー・ライド・ショー
House of 1000 Corpses
監督 ロブ・ゾンビ
脚本 ロブ・ゾンビ
製作 アンディ・グールド
製作総指揮 アンドリュー・D・ギヴン
ガイ・オゼアリー
音楽 ロブ・ゾンビ
スコット・ハンフリー
撮影 アレックス・ポッパス
トム・リッチモンド
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 アートポート
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年4月11日
日本の旗 2004年8月14日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 $16,829,545[1]
次作 デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2
テンプレートを表示

マーダー・ライド・ショー』(原題: House of 1000 Corpses)は、2003年アメリカ映画ロブ・ゾンビ監督のデビュー作となるホラー映画である。

ストーリー[編集]

アメリカの田舎をドライブしていた4人の若者は、給油のついでに不気味な博物館に立ち寄る。そこではエド・ゲインアルバート・フィッシュといった有名な殺人鬼たちの人形が展示してあり、4人はその中のひとりであるドクター・サタンという人物に興味を持つ。博物館の主人からドクター・サタンの逸話を聞くと4人はその場所へと出発する。その途中で美女のヒッチハイカ―を拾い、その後何者かによって車がパンクさせられ、大雨の中に立ち往生してしまう。そこで4人は美女のヒッチハイカ―の家に一時避難させてもらう。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b House of 1000 Corpses (2003)”. Box Office Mojo. 2009年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]