マーダヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーダヴァ(サンガマグラマのマーダヴァ (Madhava of Sangamagrama) マラヤーラム語: സംഗമഗ്രാമ മാധവൻ, サンスクリット語: संगमग्राम के माधव)は、インド数学者天文学者1340年もしくは1350年1425年)。

人物[編集]

ケーララ州コーチンに近い、サンガマグラマSangamagrama)の出身。別人の天文学者のヴィージャ・マーダヴァと区別するために「サンガマグラマのマーダヴァ」とも呼ばれる。天文学者たちから、「ゴーラヴィード」(球面三角法の権威)とも呼ばれた。

現存する文献は、天文学についてのものが中心である。数学については、他の学者たちの文献によってマーダヴァの発見と伝えられるものが存在する。マーダヴァは三角法無限級数有限級数の近似などを研究し、円周率を小数点第11位まで計算し、ライプニッツの公式とも呼ばれる公式を初めて発見したとされる。また、ケーララ学派と呼ばれる数理天文学派の創始者ともいわれ、パラメーシュヴァラParameshvara)、ニーラカンタNilakantha Somayaji)、ジャヤスタデーヴァJyeṣṭhadeva)などの学者たちに影響を与えた。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]