マレーシアカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マレーシアカップ(原語表記:Piala Malaysia、英表記:Malaysia Cup)は、マレーシアサッカー協会主催のサッカーカップ戦である。

概要[編集]

マレーシアのサッカー大会はアジアサッカー連盟加盟の国・地域の現存する公式戦では最も古い1921年にこの大会が開幕し、以来マレーシア・シンガポールのクラブチームが激突する歴史と権威を誇る大会として親しまれた。特に決勝戦は毎年10万人近いサポーターが詰め掛けるほどの熱狂振りといわれている。

2004年に1部リーグがマレースーパーリーグにリーグ形態が見直された際に現行の大会システムが採用されるようになった。大会は1部のレギュラーシーズン上位12チームと、2部・プレミアリーグの同4チームの16チームが出場。リーグ戦終了後に行われる。

まず、16チームを4チームずつ4組に分けて各組総当りによる1次予選リーグを行い、上位2チームずつがホーム・アンド・アウェートーナメント(決勝戦のみ中立地での1試合)による決勝ラウンドに進む。なお2013年からはリーグ戦構成の変更に伴い、所属カテゴリー・成績に関わらず、マレーリーグ参加の24チーム全部が参加する方式に変更される。

出典[編集]