マルガレータ・フォン・エスターライヒ (1416-1486)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン選帝侯夫人マルガレータの墓石の肖像

マルガレータ・フォン・エスターライヒMargaretha von Österreich, 1416年頃 インスブルック - 1486年2月12日 アルテンブルク)は、神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世の妹で、ザクセン選帝侯フリードリヒ2世の妻。

内オーストリア公エルンストとその妻でマゾフシェ公シェモヴィト4世の娘であるツィンバルカの間に生まれた。1428年にザクセン選帝侯フリードリヒ2世と婚約し、1431年6月3日にライプツィヒで結婚した。政治的な才覚に恵まれ、ザクセン選帝侯領の国政に多大な影響力を及ぼした。1432年、自らの指示でマイセンに住むユダヤ人を領外へ追放させた。夫とその弟ヴィルヘルム3世との間の相続争い(ザクセン兄弟戦争英語版)では、両者を和解に導いた。信仰篤い婦人でもあり、この兄弟戦争の終結を記念して修道院の開設を呼び掛けた。1453年、彼女はイェーナ郊外に十四救難聖人に献じた巡礼地聖堂の定礎式を行った。

1456年に夫フリードリヒからコルディーツ英語版の支配権を与えられ、独自の貨幣鋳造権をも認められたため、コルディーツ貨幣鋳造所ドイツ語版を設置した。同鋳造所の発行するマイセン・グロッシェンドイツ語版銀貨には、発行元が区別できるようにマルガレータの頭文字「M」の文字が貨幣の銘の中に刻まれた。

1464年に寡婦となると、アルテンブルク市の管理権、ライプツィヒ城やリーベンヴェルダ城ドイツ語版などの諸城、コルディーツ、アイレンブルク英語版リーベンヴェルダ英語版の諸都市の所有権など、莫大な寡婦財産を分与された。そして死ぬまでアルテンブルクを居所とし、領主としての統治権や裁判権を行使した[1]。1468年にはアルテンブルクに穀物倉庫を建設し、この倉庫は1868年の火災で焼失するまで使用された。アルテンブルク市の財政健全化のため、マルガレータは彼女個人の潤沢な宮廷金庫から市に莫大な援助金を贈った[2]

子女[編集]

参考文献[編集]

  • Franz Otto Stichart: Galerie der sächsischen Fürstinnen; biogr. Skizzen sämtlicher Ahnfrauen des kgl. Hauses Sachsen, Leipzig 1857
  • Otto Richter: Landesfürstliche Geburts-, Vermählungs- und Todesanzeigen im 15. Jahrhundert, in: Dresdner Geschichtsblätter 1906, Nr. 2
  • Johannes Meyer: Frauengestalten und Frauenwalten im Hause Wettin, Bautzen 1912.

脚注[編集]

  1. ^ F. Perthes: Geschichte des Kurstaaten und Königreiches Sachsen, 1830, S. 333/334
  2. ^ Margaretha von Österreich, Auf den Spuren großer Frauen (Teil 10). Holger Jakobi. Abgerufen am 2009-03-20.