ルートヴィヒ9世 (バイエルン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルートヴィヒ9世(Ludwig IX., 1417年2月23日 - 1479年1月18日)は、下バイエルン=ランツフートハインリヒ16世オーストリア公アルブレヒト4世の娘マルガレーテの子。

プファルツ選帝侯フリードリヒ1世と同盟を結び、フランケンを巡ってブランデンブルク選帝侯アルブレヒト・アヒレスと対立したが、敗北している。以後も帝国自由都市ディンケルスビュールと紛争を起こしている。また、バイエルンからユダヤ人を追放した。

1472年インゴルシュタットインゴルシュタット大学を創設した。この大学はランツフートに移転、19世紀になってバイエルン王ルートヴィヒ1世によりミュンヘンに移転された。

1452年ザクセン選帝侯フリードリヒ2世の娘アマリアと結婚、3人の子が生まれた。

  1. エリーザベト(1453年 - 1457年)
  2. ゲオルク(1455年 - 1503年)
  3. マルガレーテ(1456年 - 1501年) - プファルツ選帝侯フィリップと結婚。
先代:
ハインリヒ16世
下バイエルン=ランツフート
1450年 - 1479年
次代:
ゲオルク